トップページ > 各部紹介 > 生命倫理・医事法研究部 > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

主な研究テーマ

  • 医薬品・医療機器・再生医療製品等を用いた臨床試験に係る倫理・政策的課題
  • ヒト試料・情報を用いた研究・ヒトゲノム研究等に係る倫理・政策的課題
  • 医学系研究における同意・不同意・同意撤回に係る倫理・政策的課題
  • 研究規制・倫理審査・ガバナンスに関する政策的・制度的課題
  • 公衆衛生学・活動に係る倫理・政策的課題
  • 臨床倫理に係る倫理・制度的課題
  • 生命・医療倫理政策
  • 医事法
  • 研究倫理コンサルテーション及び研究倫理教育に関する方法論・教材研究

 

関連研究費(当年度新規・継続分)

  • 社会的弱者を対象とする臨床研究時代の新たな研究倫理フレームワークの構築.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(A)(2019年4月 - 2024年3月)代表:松井健志
  • 循環器疾患発症変動と新規発症要因の探索を含む発症要因の変動との関連に関する研究.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)(2019年4月 - 2023年3月)代表:喜多義邦(分担:松井健志
  • ラーニング・ヘルスケアをめぐる医療倫理・公衆衛生倫理上の課題に関する研究.日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)(2019年4月 - 2023年3月)代表:井上悠輔(分担:松井健志
  • 医療・医学研究分野のクラウドファンディングに関する倫理的・社会的課題の検討.日本学術振興会学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(2021年4月 - 2024年3月)代表:中田はる佳
  • 看護研究の倫理に関する研究倫理的側面からの分析調査と教育プログラムの作成.日本学術振興会学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(2018年4月 - 2022年3月)代表:土井香(分担:松井健志
  • 弱者を対象とする医学系研究に求められる倫理的配慮に関する研究.日本学術振興会学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(2018年4月 - 2022年3月)代表:川崎唯史(分担:松井健志
  • 研究用バイオバンクにおける周産期試料と医療情報の集積・利用に関するELSIの検討.日本学術振興会学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(2018年4月 - 2022年3月)代表:遠矢和希
  • 医学研究に対する法的・倫理的規制を考える研究.日本学術振興会学術研究助成基金助成金 若手研究(B)(2017年4月 - 2022年3月)代表:一家綱邦
  • 医療分野における研究倫理教育教材の総合的活用プログラムの開発.日本医療研究開発機構(AMED)研究公正高度化モデル開発支援事業(2019年5月 - 2022年3月)代表:松井健志
  • 希少難治性疾患の克服に関するELSI研究.日本医療研究開発機構(AMED)難治性疾患実用化研究事業(2020年10月 - 2023年3月)代表:山本圭一郎(分担:松井健志中田はる佳
  • 医療AIの研究開発・実践に伴う倫理的・法的・社会的課題に関する研究.厚生労働省 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)(2020年7月 - 2022年3月)代表:井上悠輔(分担:一家綱邦
  • がん医療における臨床倫理委員会の機能と役割に関する研究.国立がん研究センター研究開発費(2019年4月 - 2022年3月)代表:一家綱邦(分担:遠矢和希,中田はる佳,田代志門