コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 基盤的臨床開発研究コアセンター > 創薬・疾患モデルコア > がんモデル開発部門

がんモデル開発部門

トップイメージ

研究室の紹介

基盤的臨床開発研究コアセンター(FIOC)の一部門として、患者由来がんモデルの新規培養・作製や特性解析、それらを用いた薬剤評価などを行っています。FIOCのオミックスコア等との協同により、精度・柔軟性の高さを特長としつつ企業やアカデミアとの共同研究を推進し、個別化医療の進歩に貢献することを目指しています。

加えて、マウスなど実験動物の組織や個体を用いる発がんモデルの開発にも取組んでいます。ヒトにおけるがん発生の原因となる化学物質などの環境要因に着目し、その発がん機構を明らかにすることにより、がんの予防に繋がる成果を挙げることを目標としています。