コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 細胞情報学分野 > 研究プロジェクト

研究プロジェクト

細胞情報学分野

連携研究室(塩谷グループ)

ヒトのDNA複製は約30億塩基対ものDNAを正確に短時間で合成する必要がありますが、外的・内的要因によるDNA損傷や、DNA複製に伴うエラーは避けることができません。これらの要因によって生じる正常細胞におけるがん遺伝子の活性化やがん抑制遺伝子の不活性化は異常な細胞増殖にともなうDNA複製ストレスを誘発します。DNA複製ストレスはさらなる複製エラーを促進しゲノム不安定性の要因となります。DNA複製ストレス応答機構はゲノム不安定性を抑制し細胞のがん化を防ぐバリアとして働くとされていますが、これと相反することにDNA複製ストレス抵抗性は正常細胞のがん化に要求されることが明らかとなってきました。またDNA複製ストレス応答はがん化学療法に汎用されるDNA損傷性抗がん剤(プラチナ製剤等)に対して抵抗性を示す要因となります。我々のグループでは、がんの発生過程及びがん細胞の性質に深く関与するDNA複製ストレス応答機構に着目し、がんの本態解明およびそれに基づく新たな治療戦略の開発を目指した研究に取り組んでいます。当グループの研究に興味を持ち熱い気持ちを持って取り組める大学生・大学院生を募集しています。お気軽にお問い合わせください。

  • DNA複製ストレス応答因子ATRの特異的基質の網羅的同定及び機能解析
  • 複製ストレスによるゲノム不安定性誘発機構の解明
  • DNA複製ストレス抵抗性を標的としたがん治療法の開発

連携研究室(山本グループ)

がんの病態がそうであるように、がん細胞の顔つきも複雑かつ多様性に満ちています。このような、がん細胞の特性を理解するためには、多方面からのアプローチが必要不可欠であり、そのための日々の技術革新と想像豊かな研究の発想が求められています。腫瘍内不均一性、がん微小環境、細胞間コミュニケーションの研究領域で蓄積した経験を基礎に、常に新しい分野の開拓にチャレンジしてきました。遺伝子導入による発がんモデルや患者由来細胞の初代培養によるがんの本体解明を行っています。がんの発生過程を詳細に明らかにすることは基礎研究の観点のみならず、重要な早期診断に関わる分子マーカーの同定・開発や治療の標的因子の選択にもつながると期待でき、新たながん予防および治療の戦略となると期待しています。また、細胞外小胞exosome (エクソソーム)が関与する疾患メカニズムが明らかとなってきており、エクソソームの生物学的意義に注目が集まっています。エクソソームにはタンパク質やマイクロRNA、mRNAなどの機能分子が積み込まれ、近傍の細胞、さらには遠隔地にいる細胞へとメッセージを送っています。がん細胞も例外ではなく、自身の生存に有利な分子をエクソソームに内包して周囲の細胞へ渡しています。エクソソームへの理解を深めることで、新たな発がん・悪性化機構を見出し、新規治療法や診断法の開発を目指しています。

  • 患者由来がん細胞を用いたがん組織の不均一性の解明
  • がんの転移、浸潤、休眠などを標的とした新規治療法の開発
  • シングル細胞解析による新しいがんの診断治療方法の確立
  • 発がんモデルを用いた遺伝子の転写調節ネットワークの時空間的解析
  • 血中miRNAを対象としたがん早期診断技術の開発