コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 独立ユニットグループ > ゲノム安定性制御研究ユニット

ゲノム安定性制御研究ユニット

ゲノム安定性制御研究ユニット画像

研究活動

がん化過程は、複数回の“変異細胞のクローン進化”を介して進行すると考えられている。最近、我々の解析から、このクローン進化が“ゲノム不安定性”を引き金として誘導されることが示唆された (Matsuno et al., Nature Com 2019)。これは、ゲノム不安定性は変異誘導を伴うためで、実際、がん抑制システムの“ARF/p53経路”はゲノム不安定性に起因しての破綻していた。しかし、ゲノム不安定性の誘導機構、その制御機構には未だに不明な点が多い。そこで当研究グループでは、ゲノム安定性・不安定性の制御機構の解明を目指している。重要なことに、我々の解析知見からは、『がん化進行に関わるクローン進化は“ゲノム安定性の保持・制御”によって抑制できる』と考えられる。そこで、ゲノム安定性制御を作用点とした“がん予防法”の創出を目指している。現在日本では、2人に1人ががんに罹患しており(3人に1人の死因)、その殆どはゲノム不安定性に伴う発症である。ゲノム安定性を作用点としたがん予防法では、論理的に、ほとんどのがんが対象となると期待される