トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 分子病理分野 > 研究プロジェクト > 肺癌における分子生物学的解析と発がん機構の解明

肺癌における分子生物学的解析と発がん機構の解明

臨床知見に結び付けた肺がんの発がん機構を解明の一つとして、EGFR・ALK異常を有する非小細胞肺癌が免疫チェックポイント阻害剤に不応であることを、その基礎的な発がんメカニズムの違いによって説明可能であることを報告した(図1)。また、NUT転座癌においては、p63遺伝子のアイソフォームの発現の違いを見出し、扁平上皮分化についてのこれまでの知見とは異なる意義がある可能性を指摘した。

肺癌の発生母地と発がんメカニズムの違い
図 1 肺癌の発生母地と発がんメカニズムの違い