トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 分子病理分野 > 研究プロジェクト > がん免疫微小環境の形成機序の解明と診断・治療薬創薬標的同定

がん免疫微小環境の形成機序の解明と診断・治療薬創薬標的同定

膵がん組織内では、血管内皮細胞がリンパ球血管外遊走を十分に支持出来ない機能不全の状態にあることが抗腫瘍免疫低下の一つの要因である。この機能不全がTNFR1シグナル系路の異常に関連することをつきとめ、それを回復させる低分子化合物を同定し、その投与により腫瘍に対する抗腫瘍免疫反応が増強することを報告した。(図2)

膵癌におけるリンパ球血管外遊走因子阻害による抗腫瘍効果の回復
図 2 膵癌におけるリンパ球血管外遊走因子阻害による抗腫瘍効果の回復