トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 発がん機構研究グループ > 分子病理分野 > 研究プロジェクト > 消化管がん発生の遺伝子変異機序に関する研究

消化管がん発生の遺伝子変異機序に関する研究

消化管癌の発生過程に関わる分子異常の解析を行なっている。特に大腸癌でadenoma-carcinoma sequenceと異なる発癌経路である鋸歯状経路の解析に力を入れている。最近の成果としては我々が提唱した新しい鋸歯状病変であるsuperficially serrated adenomaおよび鋸歯状腺腫を介した発癌過程の解析をはじめ、家族性大腸腺腫症における鋸歯状病変について報告を行っている(図3)。

大腸鋸歯状病変の分子生物学的特徴と浸潤がんへの進展の関連
図 3 大腸鋸歯状病変の分子生物学的特徴と浸潤がんへの進展の関連