コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 分子薬理研究分野

分子薬理研究分野

 創薬研究プロセスにおける臨床薬理(Clinical Pharmacology)は、医薬品開発における基礎から臨床を繋ぐ橋渡しに重要な役目を持ち、実地医療における育薬研究においても重要な研究分野の一つである。第I相臨床試験において動物実験からヒトへ繋ぐ研究の一つであり、特に毒性が強い抗がん剤において、薬物血中濃度と薬力学作用との相関解析、有効性・安全性が期待される濃度の推定、薬物代謝あるいは薬物輸送タンパク同定など臨床薬理研究は、創薬開発に大きなインパクトを与える。
 臨床薬理試験では、生体内の薬物の動きを知るために、生体試料中の薬物濃度の分析手法の構築が重要である。しかし、投与した薬剤が適切に標的組織に到達しているかどうかは血中濃度だけでは判断し得ない。そこで本研究室では、質量分析イメージングを用いて、抗がん薬のミクロレベルの生体分布情報を可視化する技術を開発し、早期・臨床開発試験における投与量の最適化、Proof of concept評価への臨床応用を目指している。
 今後、抗がん剤の開発では、免疫チェックポイント阻害・antibody-drug conjugated(ADC) など新規技術が導入されるため、国際的な競争力を高めることが必要である。そこで、次世代PK/PD/PGx手法を構築し、新規抗体薬開発におけるPrecision Medicineを実現化するために効果予測手法を検討している。すなわち、革新的技術を導入した薬物動態・薬力学・薬理遺伝学解析の基盤開発により、臨床医と臨床薬理学の専門家が協力し、創薬開発におけるトランスレーショナルリサーチに取り組んでいる。
intro1.jpg

intro2.jpg