呼吸器外科 << 国立がん研究センター東病院
東病院 > 診療科のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

1.呼吸器外科について
2.診療について
3.教育について
4.研究について

1.呼吸器外科について

 呼吸器外科長
坪井 正博(つぼい まさひろ)   坪井 正博 (つぼい まさひろ) 外来診療日:月・火・水
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医、指導医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医、気管支鏡指導医
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医、暫定教育医
日本呼吸器外科学会 終身指導医
日本胸部外科学会 終身指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫などの手術を行っています。個々の患者さんに安心して安全で最適な治療を選択していただけるよう、ハートフルな診療を心がけています。遠慮なくお声掛けください。レベルの高い肺がん治療を行うために、我々のチームは全力を尽くします!
 医長
吉田 純司 (よしだ じゅんじ)   吉田 純司 (よしだ じゅんじ) 外来診療日:火・木
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
患者さんがご自分の体と病気をよく知り、努力していくお手伝いをいたします。
 医員
菱田 智之 (ひしだ ともゆき)   菱田 智之 (ひしだ ともゆき) 外来診療日:水・金
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医
呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医、気管支鏡指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
常に、安全・確実で結果のよい手術を目指します。また患者さんにわかりやすく説明することも心がけています。
 医員
青景 圭樹 (あおかげ けいじゅ)   青景 圭樹 (あおかげ けいじゅ) 外来診療日:月・金
  専門医・認定医資格など:
日本外科学会 外科専門医、指導医
呼吸器外科専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
それぞれの患者さんに合った治療を提供し、また手術をより安心して受けられるような体制で診療を行っております。

第2、4、5木曜日はスタッフが交替で診療しています。

当グループでは、肺がんを中心とした胸部、特に呼吸器の悪性疾患の外科治療を行っています。原発性肺がん、他臓器がん肺転移、縦隔・胸膜・胸壁の悪性腫瘍が対象で、4名のスタッフと4〜6名のレジデントで診療しています。2014年の手術総数は523件、そのうち原発性肺がんが362件でした。

2.診療について

1)診療内容

すべての症例の治療方針は、毎週火曜日に行われる呼吸器外科、呼吸器内科の医師によるカンファレンスで決定しています。

切除術式の大半を占める肺葉切除では、ビデオ胸腔鏡による補助のもと、根治性と安全性、低侵襲性のバランスが取れた手術を行っています。完全鏡視下手術も行っています。患者さんの回復は速やかで、肺葉切除後の入院期間も通常5〜8日です。

原発性肺がんに対して、病状に応じて縮小手術(楔状切除や部分切除、区域切除、単純肺葉切除)や標準手術(リンパ節郭清を伴う肺葉切除や肺全摘術)を行っていますが、気管支形成術や周囲の臓器の合併切除術、術前・術後の補助化学療法も積極的に行っています。

手術症例(2014年)
肺がん 362
縦隔腫瘍 22
転移性肺腫瘍 78
良性肺腫瘍 24
その他 37
合計 523

原発性肺がんに対する切除術式(2014年)
肺葉切除 268
肺全摘 10
(うち気管支形成) (18)
区域切除 39
部分切除 38
その他 7
合計 362

2)手術死亡率

2010年〜2014年の原発性肺がんに対する切除術に伴う術後30日以内の死亡は、1,713例中13例(0.75%)と良好な成績を保っています。

3)呼吸器外科手術例の生存率

肺がんの病期
病期とはがんの進み具合の程度(進行度)を示す言葉です。よく英語でステージといわれます。肺がんの病期は、潜伏がん、0期、IA期、IB期、IIA期、IIB期、IIIA期、IIIB期、IV期に分類されており、数が多くなるほどより進行した病状で、治しにくい状況です。潜伏がん、0期で肺がんが見つかることはきわめてまれです。I 期〜IV期の肺がんはがんの大きさ(T因子)、リンパ節への広がり(N因子)、他の臓器への転移の有無(M因子)の組み合わせによって病期が決められています。

手術数の推移
国立がん研究センター東病院呼吸器外科における手術症例数(過去10年間)の推移
手術数の推移

臨床病期別生存率(Ver.7)
肺がん切除例の臨床病期別生存曲線(2000年1月〜2010年12月 手術症例)

臨床病期とは、CTを主とした画像診断により、肺がんの進行度を示した分類です。
臨床病期別生存率(Ver.7)

病理病期別生存率(Ver.7)
肺がん切除例の病理病期別生存曲線(2000年1月〜2010年12月 手術症例)

病理病期とは、手術で切除した標本により、病理学的に進行度を診断した分類です。
病理病期別生存率(Ver.7)

3.教育について

私たちは、呼吸器外科治療のスペシャリストを育成するべく、全国から公募されたレジデントに対して、1年2年または3年のカリキュラムによる教育にも力を入れています。
これまで60名以上のレジデントおよび研修医が当科で勉強し、卒業生はそれぞれ全国の主要施設で活躍しています。

教育の一環として、毎週金曜日に行われる呼吸器外科、呼吸器内科、放射線科、病理部の医師を交えたカンファレンスで、手術症例の画像診断、病理、治療について検討を行っています。また、学会、論文の発表を奨励しており、私たちの発表の多くはレジデントを筆頭者としています。

4.研究について

私たちは、よりよい治療法を開発するために、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)による大規模多施設共同研究を中心として、積極的に臨床研究を行っています。

また、今年度からは、免疫療法や分子標的薬を用いた新薬の治験を実施します。

このような研究の成果は国内・国際学会、論文で積極的に発表しており、私たちは1992年の創設以来、肺がん分野において本邦で最も活動的なグループの1つとして知られています。2014年には、英語論文16編、日本語論文5編を出版するとともに、国際学会発表4件、国内学会総会発表23件、地方会発表5件を行いました。

当グループで現在行っている臨床試験
  1. JCOG 0707: 病理病期 I 期非小細胞肺癌に対する術後補助療法、第 III 相試験
  2. JCOG 0804: cT1aN0 画像上非浸潤肺腺癌に対する楔状切除術、検証的第 II 相試験
  3. JCOG 0802: 肺野末梢小型肺癌に対する肺葉切除と区域切除の比較、第 III 相試験
  4. JCOG 1205/1206: 高悪性度神経内分泌肺癌の術後補助化学療法、第 III 相試験
  5. JCOG 1211: すりガラス陰影優位の cT1N0肺癌に対する区域切除、検証的第 II 相試験
  6. JIPANG: 病理病期 II-IIIA 期非扁平上皮非小細胞肺癌に対する術後補助化学療法、第 III 相試験、先進医療B
  7. PIT-1: 縦隔リンパ節転移を有する IIIA 期非扁平上皮非小細胞肺癌に対する術前導入療法としてのCisplatin (CDDP) + Pemetrexed (PEM) + Bevacizumab (BEV) 併用療法もしくは、CDDP + PEM + 同時胸部放射線照射 (45Gy) 後の手術のランダム化比較第 II 相試験
  8. PIT-2: 縦隔リンパ節転移を有する IIIA 期肺原発扁平上皮癌に対する術前導入療法としてのCDDP + TS-1 + 同時胸部放射線照射 (45Gy) 後の手術の第 II 相試験
  9. WJOG6711L: 特発性肺線維症 (IPF) 合併非小細胞肺癌に対する周術期pirfenidone(ピレスパ)療法の効果と安全性に関する第 II 相試験
  10. 切除可能悪性胸膜中皮腫に対し、胸膜切除/肺剥皮術を企図して完全切除を行う集学的治療に関する遂行可能性確認試験