コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 免疫療法開発分野(柏) > 遺伝子改変免疫細胞を用いた「がん免疫療法」の開発

遺伝子改変免疫細胞を用いた「がん免疫療法」の開発

 がん抗原特異的T細胞受容体(TCR)やキメラ抗原受容体(CAR)を遺伝子改変操作によって発現させた自己のT細胞を、体外で増殖させて体内に移入する治療法は、多くのがん患者に持続的な臨床効果を示すことが明らかとなっています。しかしながら、1) 投与するT細胞を作製する時間、2)個々の患者からT細胞を作製する為の費用、3)機能の不安定性 などの問題を抱えています。これらを克服する為に、がん免疫療法に広く応用が可能で、必要時に提供可能な免疫細胞製剤プラットフォームの構築に取り組んでいます。  

研究内容8-1