コンテンツにジャンプ
先端医療開発センター

トップページ > グループ紹介 > 免疫療法開発分野(柏) > 共同研究プロポーザル

共同研究プロポーザル

免疫療法開発分野(柏)は、これまでの知見と最新のテクノロジーを融合させ、がんワクチンによる治療法・予防法の開発、iPS細胞の活用も含めた免疫細胞療法の開発、そして、これらの個別化治療への展開、その一方で、再発や発症リスクの診断法の開発を目指しています。
分野長の中面哲也は、個別化がんワクチン療法、がん抗原特異的T細胞療法、個別化T細胞療法、がん予防ワクチンの開発に取り組んでおり、ユニット長の植村靖史は、がん微小環境制御法、樹状細胞ワクチン法、エフェクター細胞の開発に取り組んでいます。

共同研究プロポーザルについての詳細は、こちらよりご覧ください。