トップページ > 各部紹介 > がん情報提供部 > 患者・市民パネル

患者・市民パネル

国立がん研究センターでは、平成20年度より、がん患者、ご家族、市民のそれぞれの立場から、がん対策研究所が発信する情報を、よりわかりやすく、身近で、支えとなる情報とするための協力、またがん対策にかかわる情報を周囲のみなさまに広報していただく、いわば「がん対策応援団」の役割をしてくださる『患者・市民パネル』のメンバーによる活動を開始しました。

患者・市民パネルの活動内容

メールやインターネットを通じた活動を中心として、必要に応じて検討会を開催しています。患者、家族としての経験、それぞれの関心、仕事、立場、お住まいの地域特性、などを活かしたアイディア・知恵の提供をお願いしています。現在の主な活動は以下の通りです。

発信している情報へのご意見

一般向けに発信する情報が、わかりやすいか、ニーズにあっているか、患者・家族・市民の視点で意見を寄せる

これからつくっていく情報発信への協力

今、不足している情報は何か、どのように提供すればよいのか、アンケート調査への回答や検討会などを通じた提案や意見交換

発信する情報の普及活動への協力

国立がん研究センターが行う講演会、研修会の案内、冊子やホームページなどの情報について、知り合いや関わりのある患者会などでの情報提供などの可能な範囲での協力

 

患者・市民パネル募集情報

患者・市民パネルは原則100名、任期は2年間で半数ずつ改選します。

詳細は「患者・市民パネル(がん対策応援団)」を募集します。:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ] (ganjoho.jp)をご覧ください。

2022年度「患者・市民パネル」委嘱者一覧 

これまでの主な活動 

 

 panel_yakuwari.jpg