コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > イベント > 「神経内分泌腫瘍」森実千種
(第9回 希少がん Meet the Expert)

「神経内分泌腫瘍」森実千種
(第9回 希少がん Meet the Expert)

更新日 : 2020年12月21日

公開日:2019年9月25日
  • 日時:2017年9月8日金曜日 19時から20時30分 
  • 場所:国立がん研究センター中央病院 希少がんセンター待合;
  • 講師:森実 千種 国立がん研究センター希少がんセンター/中央病院肝胆膵内科  

動画

第9回神経内分泌腫瘍開会挨拶

第9回神経内分泌腫瘍講演:森実 千種

第9回神経内分泌腫瘍ディスカッション

開催報告 

希少がんを知り・学び・集う「希少がんMeet the Expert」(希少がんMtE)の第9回セミナーが「神経内分泌腫瘍」をテーマに、2017年9月8日に開催され、39名が受講しました。このセミナーは、患者さんやご家族、医療関係者など、希少がんについて学びたい人が申込みのうえ、参加できます。

9mte_DSC4740

開会挨拶 

開会にあたっての挨拶では、西田俊朗(国立がん研究センター中央病院院長)が希少がんの正しい情報、最新の情報を提供するというセミナーの趣旨を話しました。

続いて、森実千種(希少がんセンター/中央病院肝胆膵内科医長)による講演です。神経内分泌腫瘍の発生する細胞、臓器の部位などによる分類についての解説に続き、NETやNECの特徴を画像とともに示しました。また、治療法については、手術やラジオ波焼灼療法、抗がん剤などの化学療法による治療法のほか、腫瘍によって起きる症状を抑えるさまざまな薬物療法について最新の知見を紹介しました。

  • 9mte_DSC4762

    講師:森実 千種

  • 9mte_DSC4789

    会場の様子

 ディスカッションでは、講演の森実千種のほか、がん情報サイト「オンコロ」の柳澤昭浩が進行役となり、同・濱崎晋輔、加藤陽子(希少がんセンター)が登壇者に加わり、参加者からの質問に回答しました。新しい薬を期待する数多くの質問が寄せられており、森実が海外を含めた最新の知見でそれら一つ一つに答えると、患者さん・ご家族が熱心に聞き入り、会場は熱気に包まれていきました。患者さんご家族が、治験や診療ガイドラインを含めて、熱心に情報を集めていることがうかがい知れるセミナーでした。  

  • 9mte_DSC4784

    ディスカッションの様子

  • 9mte_DSC4780

    質疑応答

  • 9mte_DSC4751

    司会の加藤陽子(希少がんセンター)

  • 希子(Mareko)
  • 希少がんホットライン