コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > ご寄付のお願い > プロジェクト寄付(使途指定の寄付) > つくるを支える 届けるを贈る がん情報ギフト > 「がん情報ギフト」について、もっと詳しく

「がん情報ギフト」について、もっと詳しく

更新日 : 2021年2月1日

すべての人が、必要なときに
信頼できるがん情報を得られる社会を目指して

プロジェクトリーダーからのごあいさつ

若尾 文彦

がんは国民の死亡原因の第一位で、生涯2人に1人という多くの人が罹患(りかん)する疾患です。がんはいまだに怖い病気と思われているかもしれません。また、がんになるまでがんという病気は自分には関係ないと思っている人が多く、その時になってはじめて、情報探しに翻弄される人も少なくありません。情報は力になります。知っていることで、よりよい治療を受ける、療養生活を送ることが可能になります。またがん治療の進歩とともに、地域で日常生活を送りながら、がんの治療をする人(そうした人を支える人)も増えてきました。

「がん情報サービス」では、日本の法律である「がん対策基本法(平成18年法律第98号)」で示された「患者・家族・市民のためのがんの情報をつくり、届ける」ために、
さまざまな情報を集めて、科学的根拠に基づいた「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報を国民のみなさまに提供しています。
提供している情報は、国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターが、全国の多くのがんの専門家や患者・市民など、さまざまな方々の協力の下、作成しています。

一方、インターネットが使えない方、近くにがん診療連携拠点病院がない方からは、なかなか情報が得られないという声が寄せられています。

そこで、「がんになっても安心して生活できる社会をつくる」ための取り組みの一つとして、ご賛同いただける方からのご寄付により全国の図書館等にがん情報を届け始めました。「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報をつくり、すべての人が身近な場所で、それらの情報を得られる地域づくりに向けた活動にお力添えください。

               2021年2月
国立がん研究センターがん対策情報センター
          センター長 若尾 文彦

ganjoho.jpg

 

プロジェクト寄付「がん情報ギフト」について

プロジェクト寄付「がん情報ギフト」とは

目的とがん情報ギフトの2つの取り組み

「がん情報ギフト」では、「患者・家族・市民のためのがんの情報をつくり、届ける」ことを目的とし、がん情報を「つくるを支える」、作成された情報を寄贈品として全国の公共図書館等に「届けるを贈る」の2つの取り組みを支援しています。

「確かな」「わかりやすい」「役に立つ」がんの情報をつくり、つくられたがんの情報をいつでもどこでも得ることができ、地域のがん相談支援センターにもつながれるような環境づくりを目指します。

取り組みその1『つくるを支える』

がん対策情報センターが運営している「がん情報サービス」では、さまざまながんに関する情報を収集・分析・整理し、信頼性などを評価した上で、情報を提供しています。提供している情報は、企画・情報収集・原稿やイラスト・冊子の作成・評価・公開などのさまざまな工程があります。「つくるを支える」では、情報づくりの基盤を支えています。

 YirhVOV8RcVPgqP1610611328_1610611547.png

「つくるを支える」で作られるもの

情報は常に、最新の情報となるよう、3-5年で更新できることを目指しています。1つの情報を原稿から作成し、ウェブサイトに掲載したり、冊子を作成するためには、約300-600万円が必要です。

  1. がんの冊子 約40種
    (各種がんシリーズ、がんと療養シリーズ、社会とがんシリーズ、がんを知るシリーズ、がんと仕事のQ&A)magazine.png 
  2. ちらし 約9種
     flyer.png

また、現在公開している冊子情報についてはがん情報サービス がんの冊子がん情報サービス、ちらし情報はがん情報サービス ちらし・カードがん情報サービスから閲覧することもできます。

「つくるを支える」へのご支援の流れ

寄贈額が一定金額を上回ったら、例えば、ウェブサイトのみで提供している情報の冊子の作成を行う、より情報をわかりやすくするための、イラストを増やす、新しい情報をつくるなどをひとつずつ実施していきます。

取り組みその2『届けるを贈る』

公共図書館は誰でも無料で利用できる情報の宝庫で、大きな医療機関のない小さな市町村にも多数設置されています。「届けるを贈る」では全国の図書館等に、がん対策情報センターがん情報サービスが発行するがんに関する資料の寄贈を支えています。

 Gry5Jxow7qkN2FU1610611671_1610611703.png

『届けるを贈る』で送られるもの:寄贈品「がん情報ギフト」

giftphoto.png

がんに関する資料セット35,000円相当

内容

  • 「がんの冊子」
    (閲覧用冊子約40種、配布用冊子7種)
  • ちらし1 種
  • 冊子用バインダー(A5判)
  • 配架用ラック(A4判・A5判 各1台)

寄贈先

全国の公共図書館等に寄贈します。皆様のご支援で、2020年3月には、目標としていた500館への寄贈を達成する見込みとなりました。今後は情報拠点から遠い地域などを優先して順次送付することを予定しています。

ご支援の流れ

「がん情報ギフト」の新規寄贈・更新・補充

寄贈を希望する図書館に、がんに関する資料セット「がん情報ギフト」(「がんの冊子」[閲覧用冊子約40種、配布用冊子7種]、ちらし1種、冊子用バインダー、配架用ラック)を送付します。
また、すでに「がん情報ギフト」を寄贈した図書館への更新資料、補充用の配布資料をお届けします。

進捗状況を皆さまにご報告

寄贈開始後、「がん情報ギフト」を寄贈した図書館等を下記にて逐次ご報告します。 また、ご支援いただいた皆さまには、ご希望者に以下のお礼をご用意しております。

ご芳名を掲載

「がん情報サービス」の新着情報メールマガジン配信

本事業の進捗ご報告

活動報告

寄贈数

都道府県立図書館等と連携の整備が始まったところから、図書館に寄贈させていただいております。

寄贈先図書館の情報については、下記よりご確認いただけます。

  • 冊子が手に取れる図書館

活動報告書

ご寄付いただきありがとうございました。 
2019年度「がん情報ギフト」の寄付収支、および取り組みについてご報告いたします。

お問い合わせ

国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報ギフト事務局
電話番号:03-3547-5201(内線1620、1615)
ファクス番号:03-3547-8577
E-mail:library_sodan●ncc.go.jp(●は@に置き換えてください)
受付時間:9時から17時(土日祝、年末年始を除く)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。