コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター

トップページ > ご寄付のお願い > プロジェクト寄付(使途指定の寄付) > つくるを支える 届けるを贈る がん情報ギフト > 「がん情報ギフト」について、もっと詳しく

「がん情報ギフト」について、もっと詳しく

更新日 : 2022年10月6日


「がん情報ギフト」活動内容

1.「がん情報ギフト」の新規寄贈

全国の公共図書館等へがんの冊子のセット「がん情報ギフト」を寄贈しています。
2021年6月に、目標としていた500館への寄贈を達成いたしました。今後は情報拠点から遠い地域などを優先して順次送付することを予定しています。

寄贈品「がん情報ギフト」
  • 「がんの冊子」ギフト写真_20221101_つくるを支える 届けるを贈る
    (閲覧用冊子約25種+でんし冊子、配布用冊子8種)
  • ちらし1 種
  • 冊子用バインダー(A5判)
  • 配架用ラック(A4判・A5判 各1台)

2021年度より、スペース等の事情で通常の「がん情報ギフト」セットを設置できない図書館向けに、配布用冊子の送付を割愛した「がん情報ギフトミニ」を新たに設けました。

*「がん情報ギフト」セットの冊子は、こちらの図書館でご覧いただけます。
 がん情報ギフトが設置されている図書館

2.更新資料、補充資料の送付

「がん情報ギフト」寄贈後の継続的なサポートも重要な活動の一つです。
最新の情報に更新された冊子や、図書館で配布用冊子の在庫が不足した際の補充資料の購入並びに送付を行っています。

3.アウトリーチ活動

moshimo_02.png

図書館が「市民へのがん情報普及の拠点」となることを目指し、がん情報サービスとがん相談支援センターを周知するちらしを設置する施設を、寄贈先図書館に紹介していただくアウトリーチ活動を展開しています。

4.ウェブサイトのみで提供している情報の冊子化

「つくるを支える」取り組みの一環として、ウェブサイト「がん情報サービス」のみで掲載している「小児がんシリーズ」について、冊子化を進めます。
2022年度は『小児の脳腫瘍』『小児の白血病』『小児のリンパ腫』『小児の胚細胞腫瘍』『小児の神経芽腫』の5種の冊子作成を予定しています。

*現在公開している冊子情報についてはがん情報サービス がんの冊子がん情報サービス、ちらし情報はがん情報サービス ちらし・カードがん情報サービスから閲覧することもできます。

 

利用者の声

  • 自分のがんを知る手がかりになり、正しい情報を知ることができました。皆さんの寄付で設置されていることを知り、がんと向き合う上で大きな力になり、ありがたいと思いました。(50代・群馬県・女性)
  • インターネットなど、出どころのわからない情報が多い中で、正しい知識を得ることができました。とても役立ちました。(30代・奈良県・女性)
  • 自分ががんの治療中に知れて参考になりました。(40代・三重県・男性)
  • 診察の前・後に必ず読んでいました。医師の話す内容の理解につながりました。(40代・神奈川県・女性)
  • わかりやすく、治療・生活両面に役立ちました。(50代・徳島県・男性)
  • 自身のがんの情報はもとより、友人など身近な人のがんについて知りたいと思ったときに、基本的なことがわかりやすくまとめられているのでとても役立ちました。(50代・東京都・女性)

活動報告

「がん情報ギフト」の寄付収支、および取り組みについて、毎年度「活動報告書」を作成し、報告しています。

お問い合わせ

国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策研究所 がん情報ギフト事務局
電話番号:03-3547-5201(内線1620、1615)
ファクス番号:03-3547-8577
E-mail:ganjoho-gift●ncc.go.jp(●は@に置き換えてください)
受付時間:9時から17時(土日祝、年末年始を除く)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ