コンテンツにジャンプ

多がん種 No.56

Multiple

治験情報

対象となるがん

乳がん、卵巣がん、前立腺がん、膵がん、その他固形がん

使用される新薬(治験薬)

  • ニラパリブ(経口剤:PARP阻害剤)
  • ピミテスピブ(経口剤:HSP90阻害薬)

実施方法(治験のデザイン)

第I相試験(医師主導治験)
試験治療:ニラパリブとピミテスピブの同時併用療法

治験に参加いただける患者さんの身体状況(患者選択基準)

以下のすべてに該当する方が対象となります。

  1. 治験の参加に同意された時の年齢が18歳以上の方
  2. 全身状態(ECOG Performance Status)が0又は1の方
  3. 造血機能や肝臓・腎臓の機能を表す検査値が一定の基準を満たす方
  4. 【用量漸増パート】
    ・切除不能・再発固形がん(がん種は問わない)の方。
    ・切除不能・再発固形がんに対して1レジメン以上の化学療法施行歴がある方。
  5. 【用量拡大パート】コホートA
    ・切除不能・再発の乳がん、卵巣・卵管・腹膜がん、前立腺がん、膵がんの方。
    ・生殖細胞系列又は体細胞系列のBRCA遺伝子変異陽性と診断されている方。
    ・この治験の直前の治療でPARP阻害薬が施行され不応となった方。
  6. 【用量拡大パート】コホートB
    ・切除不能・再発固形がん(卵巣・卵管・腹膜がんを除く)の方。
     (乳がん、膵がんの方は生殖細胞系列のBRCA遺伝子変異陰性と診断されていること。)
     (前立腺がんの方は生殖細胞系列又は体細胞系列のBRCA遺伝子変異陰性と診断されていること。)
    ・切除不能・再発固形がんに対して1レジメン以上の化学療法施行歴がある方。
    ・PARP阻害薬施行歴がない方。

注:上記の患者選択基準は概要であり、上記に該当していてもこの治験に参加できないことがありますので、ご了承ください。

治験責任医師

内藤 陽一

この治験に関する問い合わせ先