コンテンツにジャンプ

依頼者の方へ・自ら治験を実施する方へ

Clinical trial request・​Sponsor investigator

メッセージ

世界最高レベルの環境で治験を推進しています

国立がん研究センター東病院では、新規性の高い未承認薬を用いた治験、医療機器の治験を多数実施しており、臨床研究コーディネーター室、治験事務室、リサーチコンシェルジェ室から成る、総勢100名を超えるスタッフが業務を支えています。
当院の臨床研究のローカル機能、バイオリソース管理を一手に担い、国内外を見渡しても世界最高レベルの治験環境であると自負しています。そのため、FDAや EMA、PMDAなど国内外の規制当局による査察も問題なく対応しています。当院の治験は、薬剤部臨床検査部病理・臨床検査科看護部放射線診断科等の関連部署との密な連携と、明確な業務の切り分けができており、まさに病院全体で治験の質を高める気運がある点が特徴といえます。優秀な人材が多数そろう研究実施管理部は、国際感覚をもって常に変化に順応し、柔軟に、そして弾力的な運用を心がけています。
そしてわが国の臨床研究の推進と発展のために、微力ながら今後とも貢献してまいります。

yoshino_hp.jpg国立がん研究センター東病院
臨床研究支援部門 研究実施管理部長
吉野 孝之