コンテンツにジャンプ
希少がんセンター

トップページ > 希少がんグラント > 肉腫様もしくは未分化形態を有するがん(Cancer with Sarcomatoid or Undifferentiated morphology)の臓器横断的疾患概念確立に向けた検討

肉腫様もしくは未分化形態を有するがん(Cancer with Sarcomatoid or Undifferentiated morphology)の臓器横断的疾患概念確立に向けた検討

更新日 : 2022年5月27日(確認)

公開日:2022年1月28日

研究代表者

小嶋 基寛 (こじま もとひろ)
  • 小嶋 基寛(こじま もとひろ)
  • 国立がん研究センター 先端医療開発センター(柏)臨床腫瘍病理分野 ユニット長
  • 国立がん研究センター東病院 病理・臨床検査科

希少がんグラント

共同研究者

  • 大木 理恵子(おおき りえこ)
  • 国立がん研究センター研究所 基礎腫瘍学ユニット 独立ユニット長


  • 森末 遼(もりすえ りょう)
  • 国立がん研究センター 先端医療開発センター(柏)臨床腫瘍病理分野
  • 国立がん研究センター東病院 肝胆膵外科

  • 土井 俊彦(どい としひこ)
  • 国立がん研究センター東病院 先端医療科長
  • 国立がん研究センター 先端医療開発センター センター長

  • 内藤 陽一(ないとう よういち)
  • 国立がん研究センター希少がんセンター
  • 国立がん研究センター東病院 総合内科長
  • 国立がん研究センター先端医療開発センター(柏)新薬臨床開発分野

研究概要

様々な臓器に発生するがん細胞が、まれに紡錘形、多形性、多核細胞に変化することがあります。このようながんは発生する臓器によって未分化癌、肉腫様癌や紡錘形細胞癌など、様々な名称で呼ばれています。これらは希少で、予後不良で、有効な治療に乏しいです。我々はこのような特徴を有するがんを Cancer with sarcomatoid or undifferentiated morphology (CSU)と統一した名称で分類し、共通した特徴を抽出する事で、CSUを臓器横断的に治療できるようにするための研究を行っています。CSUは発生臓器に関わらず、免疫細胞が多いので、免疫療法の対象となるかもしれません。CSUで共通する遺伝子異常が見つかると、新しい治療法が生まれるかもしれません。これらを目指して、基礎と臨床の垣根を越えた協力と研究を行っています。

CSU

研究代表者から患者さんやご家族へのメッセージ

希少がんは原因となる遺伝子変異など、解決の糸口が見つかると飛躍的に治療法が進歩することがあります。本研究では、臨床医と基礎研究者と病理医が力を合わせて希少がんの克服に挑みます。

 

  • 小嶋基寛、森末遼

    左:研究代表者の小嶋基寛  右:共同研究者の森末遼

  • 小嶋基寛

    研究代表者の小嶋基寛

 

研究の成果

準備中