コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 肝胆膵外科

肝胆膵外科

肝胆膵外科トップイメージ

私たちは肝胆膵領域がんに対して、手術、抗がん剤、放射線治療を組み合わせた集学的治療から、先進的な腹腔鏡手術、機能温存を重視した手術まで、幅広い治療選択肢を備えて、患者さん一人一人に合った最適な治療が提供できるよう、心がけています。ご病気のこと、治療のことで何かわからないことやお聞きになりたいことがあればお気軽に当科までご相談ください。

国立がん研究センター東病院肝胆膵外科を受診されてから、治療まで期間はおおよそ3週間から4週間です。がん腫によって異なりますので、詳細は東病院HP疾患別治療待ち時間一覧をご確認ください。

現在治療を受けられている、または受けられる予定の病院で、治療内容の疑問がある場合、他に治療選択肢があるかどうか疑問がある場合など、当院にセカンドオピニオンでの受診もできます。