コンテンツにジャンプ

トップページ > 取り組み > 読売新聞医療コラム連載「私のがん診療録」

国立がん研究センター東病院読売新聞医療コラム連載「私のがん診療録」

最終更新日:2024年5月16日
公開日:2023年8月23日

「私のがん診療録」は、国立がん研究センター東病院の医師・看護師が、一般の読者に向けて、がんの医療現場の現状などを分かりやすく紹介する読売新聞の連載企画です。

原則毎月第1土曜日夕刊に掲載され、さらに、読売新聞社が提供するwebサイト「ヨミドクター(外部サイトにリンクします)」では、コラムに加え執筆者へのインタビューも掲載されます。コラムの内容について、より理解を深められる内容となっておりますので、併せてぜひご覧ください。

(注)本コラムは取材を受けた当時の情報となるため、肩書等現時点と異なる場合がございますのでご了承ください。

第6回 がんになっても恐れないで「職場に迷惑だから会社を辞めなくては」と思わなくていい時代に

東病院看護部の栗原部長による、これまでの経験と看護師だからこそできる支援、自身や大事な人ががんと診断された場合の向き合い方について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

栗原看護部長_2023_resize.jpg
看護部長
栗原 美穂(くりはら みほ)

第5回 医療者と患者の間にある「QOLの違い」…最も適切な治療を選択するために

東病院副院長(診療・経営担当)・頭頸部外科医手術室長の林医師による、これまでの経験と頭頸部がんの治療、治療後の患者さんのQOL(生活の質)について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_hayashi.jpg
副院長(診療・経営担当)・頭頸部外科医手術室長
林 隆一(はやし りゅういち)

第4回 医師も言われる「お大事に」

東病院副院長(医療安全担当)・肝胆膵外科医医療機器開発センター運営部長の小西医師による、これまでの経験と患者さんとのコミュニケーションのあり方について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_konishi.jpg

副院長(医療安全管理担当)・肝胆膵外科医医療機器開発センター運営部長
小西 大 (こにし まさる)

第3回 がん教育に思いを馳せる

 東病院副院長(教育担当)・放射線治療科長の秋元医師による、これまでの経験とがん教育の大切さについて掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。


dr_akimoto.png
前副院長(教育担当)・放射線治療科長
秋元 哲夫 (あきもと てつお)

第2回 親友から患者、心友へ

東病院副院長(研究担当)・消化管内科医長医薬品開発推進部門長の吉野医師による、これまでの経験とがんの薬物療法の進歩について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_Yoshino.jpg
副院長(研究担当)・消化管内科医長医薬品開発推進部門長
吉野 孝之 (よしの たかゆき)

第1回 大丈夫としようがない

 東病院副院長(医療機器担当)・大腸外科長の伊藤医師による、これまでの経験と大腸がん、治療の現状について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_ito.jpg
副院長(医療機器担当)・大腸外科長
伊藤 雅昭 (いとう まさあき)

 

更新日:2024年5月16日