トップページ > 取り組み > 読売新聞医療コラム連載「私のがん診療録」

国立がん研究センター東病院読売新聞医療コラム連載「私のがん診療録」

最終更新日:2024年2月15日
公開日:2023年8月23日

「私のがん診療録」は、国立がん研究センター東病院の医師・看護師が、一般の読者に向けて、がんの医療現場の現状などを分かりやすく紹介する読売新聞の連載企画です。

原則毎月第1土曜日夕刊に掲載され、さらに、読売新聞社が提供するwebサイト「ヨミドクター(外部サイトにリンクします)」では、コラムに加え執筆者へのインタビューも掲載されます。コラムの内容について、より理解を深められる内容となっておりますので、併せてぜひご覧ください。

第4回「医師も言われる「お大事に」」

東病院副院長(医療安全担当)・肝胆膵外科医医療機器開発センター運営部長の小西医師による、これまでの経験と何気なく使う言葉の大切さ、患者さんとのコミュニケーションについて掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_konishi.jpg

副院長(医療安全管理担当)・肝胆膵外科医医療機器開発センター運営部長
小西 大 (こにし まさる)

第3回「がん教育に思いを馳せる」

 東病院副院長(教育担当)・放射線治療科長の秋元医師による、これまでの経験とがん教育の大切さについて掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_akimoto.png
副院長(教育担当)・放射線治療科長
秋元 哲夫 (あきもと てつお)

第2回「親友から患者、心友へ」

東病院副院長(研究担当)・消化管内科医長医薬品開発推進部門長の吉野医師による、これまでの経験と分子標的治療薬について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_yoshino.jpg
副院長(研究担当)・消化管内科医長医薬品開発推進部門長
吉野 孝之 (よしの たかゆき)

第1回「大丈夫としようがない」

 東病院副院長(医療機器担当)・大腸外科長の伊藤医師による、これまでの経験を踏まえた前向きになれる言葉について掲載しています。詳細はヨミドクター(外部サイトにリンクします)をご覧ください。

dr_ito.jpg
副院長(医療機器担当)・大腸外科長
伊藤 雅昭 (いとう まさあき)

 

更新日:2024年2月15日