コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 胃外科

胃外科

胃外科トップイメージ

東病院胃外科は国内有数の豊富な手術件数の実績があります

東病院胃外科では早期の病変に対する機能温存を重視した手術から、進行した病変に対する手術と抗がん剤を組み合わせた集学的治療まで、多くの選択肢から最も適した治療を提供できるよう心がけています。手術のアプローチ法としても従来の開腹手術、腹腔鏡(ふくくうきょう)手術、ロボット手術から適した手法を選択できます。手術件数はその施設の治療経験を反映します。東病院胃外科の手術件数(胃がん根治切除術)は国内有数の豊富な手術件数を誇ります。手術件数の詳細は、実績についてをご覧ください。

東病院胃外科ではなるべく迅速に治療を開始出来るよう心がけています。現在、当科を受診されてから治療開始までの期間はおよそ2週間から3週間です。詳細は東病院ホームページ疾患別治療待ち時間一覧をご確認ください。
現在、他院で治療を受けている、または治療予定の患者さんで、治療方針に疑問がある場合や確認したい場合、当科にセカンドオピニオンでの受診もできます。