コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 胃外科 > 研究について

研究について

国立がん研究センターでは質の高いがん治療を個々の患者さんに提供すると同時に、先進的な治療法を積極的に開発・応用し、将来に向けた治療体系を確立させる責務もあります。そのため東病院胃外科は患者さんにとってより良い治療法を確立するためのいくつかの多施設共同研究(国内外のいくつもの施設が共同で行う臨床研究)に参加したり、あるいは中心施設として主導しています。代表的なものとしてはJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)胃がんグループ(外部サイトにリンクします)が行う臨床研究があります。またJCOGで行われる臨床研究以外にも、患者さんに有益と思われる安全な手術手技や治療法を開発することを目的とした臨床研究や治験にも参加しています。現在、当科で参加している臨床研究は以下の通りです。

当科で主導している臨床研究

  1. 大弯に浸潤する胃上部進行胃がんに対する腹腔鏡下(ロボット支援下)脾温存脾門郭清の安全性に関する第II相試験(JCOG1809)

当科で参加している臨床研究

  1. 高度リンパ節転移を有するHER2陽性胃がんに対する術前トラスツズマブ併用化学療法の意義に関するランダム化第II相試験(JCOG1301C)
  2. 病理学的Stage II/III高齢者胃がんに対する開始量を減量したS-1術後補助化学療法に関するランダム化比較第III相試験(JCOG1507)
  3. 局所進行胃がんに対する術前術後化学療法の術後補助化学療法に対する優越性に関するランダム化比較第III相試験(JCOG1509)
  4. 高度リンパ節転移を伴う進行胃癌に対する3剤併用術前化学療法(ドセタキセ ル+ オキサリプラチン+ S-1)の第II相試験(JCOG1704)
  5. 進行胃がん根治術における大網切除に対する大網温存の非劣性を検証するランダム化比較第III相試験(JCOG1711) 

これらの研究は全て倫理審査委員会の承認を得ています。また患者さんへの十分な説明のもとにご理解・ご協力をお願いしながら進めています。