コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 頭頸部内科

頭頸部内科

トップ画像

お知らせ

頭頸部内科について

当科は、独立行政法人化後、わが国で初めて新設された頭頸部がんの抗がん剤などの薬物療法を担当する診療科です。

頭頸部には発声・嚥下・咀嚼など、生命活動にとって重要な機能があり、治療後の機能障害や容貌の変化をも見越して治療方針を決定する必要があります。そのため、我々は頭頸部外科放射線治療科形成外科歯科との合同カンファレンスを行い、患者さんの価値観やQOL(生活の質)を重視したうえでエビデンス(科学的根拠)に基づいた最適な治療の提供を目指しています。

我々はわが国の頭頸部がん患者の予後改善のために、以下の点に取り組んでいます。

  1. エビデンス(科学的根拠)に基づいた最適な治療の提供
  2. 頭頸部がん支持療法の啓発
  3. 国際共同臨床試験への参加を通じたドラッグラグの解消
  4. 世界最先端の治療開発
  5. 頭頸部がん薬物療法に精通した医師の育成