コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 歯科

歯科

歯科トップイメージ

歯科について

歯科では、全ての診療科と協力してがん患者様への歯科的支持療法を行っています

がん治療においては様々な有害事象が起こり、症状に合わせた適切なサポートが必要です。そのサポートの治療を支持療法といい、私たち歯科ではお口にかかわる有害事象に対してお手伝いをする口腔支持療法を実践しています。

抗がん剤治療や放射線治療では、口内炎や歯性感染(歯茎の腫れなど)を認め、症状が強いと全身的な感染症を引き起こしたり、経口摂取不良から栄養障害を招いたりするなど本来のがん治療を休止しなくてはならないことがあります。しかしながら継続的に口腔内の管理をしておくと、そのリスクを下げることができることがわかってきました。同様に食道がんや肺がんの手術後は誤嚥性肺炎発症のリスクがありますが、こちらも口腔ケアによって発症を抑えることができると知られています。放射線治療においては治療が終了した後も口腔乾燥や放射線性骨髄炎といった晩期有害事象を認めることがあり、包括的な口腔内のサポートが欠かせません。

image1.jpg

 

当院歯科においては、がん専門病院の歯科として、医師、看護師、多職種スタッフと連携して、がん治療のサポートを行っています。歯科医師は常勤2名、非常勤1名、歯科衛生士は2名で診療を行っています。地域の歯科医院とも連携して、継続的により良い口腔内環境を提供できるように対応しています。スタッフ一同、皆様が安心して治療に臨めるように全力でサポートさせていただきます。ささいなことでも、是非ご相談ください。image2.jpg