コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 歯科

歯科

歯科トップイメージ

お知らせ

歯科について

口腔内は、全てのがん治療を行うにあたり効果的に管理することが必要とされております。問題を抱え、改善されないまま手術・抗がん剤・放射線の治療を行うと、歯科疾患や深刻な口腔合併症が発生することがあり、がん治療が中断されたり遅延したりすることがあります。これら合併症に対応し、一般的な歯科治療を提供するだけでなく、副作用および口内炎、鵞口瘡および口腔乾燥症などの、癌治療の後遺症発症の抑制に努めます。二次的な合併症の発症を抑制するよう、がん治療前・治療中・治療後の継続的な口腔管理を行い、生活の質を最大限に維持できるよう、医師・看護師と綿密に連携しがん治療をサポートする腫瘍チームの一員として対応してまいります。

現在歯科医師は、スタッフ1人、非常勤2人で毎日外来と病棟往診の診療を行っています。全ての診療科、地域の歯科医院とも協力して、継続的により良い口腔内環境を提供するための努力を積極的に行っています。