コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 歯科

歯科

歯科トップイメージ

歯科について

歯科では、全ての診療科と協力してがん患者様への歯科的支持療法を行っています

がんを治療する際に、口腔内にも様々な有害事象が発症することが知られています。 頭頸部がん、食道がん、肺がん(高リスク)の手術後は、創部感染や誤嚥性肺炎のリスクが高まります。抗がん剤治療中には、口腔粘膜炎(口内炎)や歯性感染症、味覚障害などの症状や、頭頸部領域の放射線治療では口腔粘膜炎、口腔乾燥、味覚障害、晩発性骨障害などが生じます。これらの炎症や疼痛、不快感への対応が遅れると、経口摂取が低下して低栄養や脱水が生ずるため、全身状態が悪化してQOL(生活の質)の低下を誘引します。その結果、投薬量の減量や治療の中断を考慮しなければならず、がん治療の治療効果にも影響を及ぼします。そのため、患者様のがん治療を完遂するために、粘膜保護材やうがい薬などを積極的に使用して、口腔内の疼痛や不快感を軽減させることが重要です。

歯科では患者様の口腔内状況に合わせた口腔ケアや、患者様ご自身で口腔内の環境を清潔に保っていただけるような歯科的支持療法を行い、がん治療を完遂できるようにサポートしています。

image1.jpg

 

国立がん研究センター東病院においては、がん専門病院の歯科として、医師、看護師、多職種スタッフと連携して、専門的口腔清掃などの歯科的支持療法を行うことで、がん治療のサポートを行っています。歯科医師は常勤2名、非常勤1名、歯科衛生士は2名で毎日外来と病棟往診の診療を行っています。地域の歯科医院とも連携して、継続的により良い口腔内環境を提供できるように対応しています。

image2.jpg