コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内科系 > 歯科 > 診療について

診療について

診療内容

  • 手術前後の周術期口腔ケア介入(歯科口腔衛生指導)によって誤嚥性肺炎や創部の感染防止を行い、合併症の軽減に努めています。周術期外来、地域連携歯科医と連携し、積極的な管理を頭頸部がん・食道がん・肺がん(高リスク)の術前に行なっています。
  • 手術前に動揺歯に対する処置(暫間固定、マウスピース作製、抜歯)や手術器具による歯牙の損傷を防止するため、マウスピース作製を行っています。
  • 頭頸部がん術後欠損部位の機能保持に関して、即時顎義歯や舌接触補助床を作製することで、音声言語や摂食機能の改善を図り、治療後のQOL向上を保ちます。
  • 化学療法を行う場合、体の抵抗力の低下や投与するお薬の種類により、口腔粘膜炎や口腔内のトラブルが出現する割合が高くなります。それらへの感染防止や疼痛などの症状軽減を図り治療完遂を支援します。
  • 骨吸収抑制作用を持つ薬剤ビスフォスフォネート製剤や抗ランクル抗体、血管新生抑制作用を持つ抗がん剤によって生ずる可能性がある顎骨壊死への対応。
  • 頭頸部がんの放射線治療後に生じる合併症、口腔乾燥、味覚障害、齲蝕の多発、放射線性開口障害、放射線性顎骨壊死などの晩発性障害の発症リスクを可能な限り軽減させるよう支持的介入を行っています。
  • 頭頸部がんの放射線治療時に、診療科からの依頼により、口腔内放射線防御装置(スペーサー)作製を行っています。
  • 診療科、病棟からの口腔ケア依頼により、手術前後の周術期口腔ケア介入に限らず、セルフケアが困難な患者様には、定期的に口腔ケア介入を行っています。
  • がん診療において診断早期から終末期まで病期を問わず、口腔内の諸問題(口腔乾燥、口腔の痛み、口内炎、口臭、舌苔など)に対しサポートを行うことで苦痛や不快感を取り除きQOL維持をお手伝いいたします。
image1.jpg

診療実績

歯科の診療実績新患者数再診患者数患者総数
2014年度 919名 7,575名 8,494名
2015年度 1,034名 8,644名 9,678名
2016年度 1,143名 8,769名 9,912名
2017年度 1,361名 8,585名 9,946名
2018年度 1,343名 9,350名 10,693名
初診患者の内訳
  • 骨隨炎
    ORN  ( Osteoradionecrosis of the jaw ) 放射線性顎骨壊死
    MRONJ ( Medication-Related Osteonecrosis of the Jaw ) 薬剤関連顎骨壊死