コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 消化管内科

消化管内科

消化管内科トップイメージ

お知らせ

消化管内科について

消化管内科では、消化管がんを中心とする化学療法に関する診療と研究を行っています。世界の最新エビデンス(科学的根拠)に基づいた消化管がん薬物療法の提供ならびによりよい標準治療を確立するため、標準治療をベースとする新規併用療法の開発、さらに多くの新薬開発を行っています。特に、胃・大腸・食道・消化管間質腫瘍(GIST)の新薬開発においては、国内外における中心的な役割を担っています。治療の際には十分な説明(インフォームド・コンセント)によって、患者さんご自身がご自分の病気をよく理解されたうえで治療を開始することを念頭にしています。

当科が専門とする分野

  • 食道がんの化学療法、化学放射線療法
  • 胃がんの化学療法
  • 大腸がんの化学療法
  • 十二指腸、小腸、肛門管がんに対する化学療法
  • 消化管間質腫瘍(GIST)の化学療法