コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 消化管内視鏡科

消化管内視鏡科

消化管内視鏡科トップイメージ

お知らせ

消化管内視鏡科について

消化管内視鏡科は、食道、頭頸部(主に咽頭・喉頭)、胃、大腸がんに対する内視鏡を用いた診療を担当しています。がんの進行の程度によって臨床病期(ステージ)で分類され、早期に発見された患者さんほど治りやすいことが分かっています。我々は、内視鏡を用いてがんを早期に診断すること、より体への負担を少なくがんを治すこと、がんやがん治療に伴う辛い症状を緩和することを目標に診療を行っています。我々は、患者さんを中心に、消化管内科、外科グループ、頭頸部内科等と連携して、体への負担が最も少なく、最良の内視鏡診療を提供することを日々心がけています。

当科が専門とする分野

  • 頭頸部がんの早期診断、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 食道がんの早期診断、EMR、ESD、光線力学療法(photodynamic therapy; PDT)、食道拡張術
  • 胃がんの早期診断、EMR、ESD、胃瘻造設術
  • 胃粘膜下腫瘍に対する、腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)
  • 大腸腺腫、大腸がんに対する拡大内視鏡を使用した診断およびEMR、ESD
  • 十二指腸、小腸、肛門管がんに対する内視鏡診断および治療
  • 消化管神経内分泌腫瘍(NET)に対する内視鏡診断および治療

我々のグループでは、全ての治療前に、十分な説明(インフォームド・コンセント)によって、患者さんご自身がご自分の病気をよく理解されたうえで治療を開始することを念頭にしています。