コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 頭頸部腫瘍科

頭頸部腫瘍科

トップ画像

頭頸部腫瘍科について

頭頸部とはHead and Neckという英語の訳語に由来し、頭部と頸部を併せた中で脳・眼球・頸椎を除いた部分を示す名称です。この部分には耳・鼻副鼻腔・口腔・上咽頭・中咽頭・下咽頭・喉頭・頸部食道などの頭頸部の管腔臓器、耳下腺や顎下腺などの大唾液腺、甲状腺、頸部のリンパ節や軟部組織などが含まれるのですが、これらに発生する悪性腫瘍を担当するのが頭頸部腫瘍科です。実際の診療に当たりましては、耳鼻咽喉科医専門医の中でさらに専門性の高い頭頸部がん専門医の資格をもった医師が中心となって行われております。頭頸部は食事・会話・顔面の容貌といった日常の社会生活を送るうえで非常に重要な部分が関わってくるため、生存率のみならず機能温存を重視した治療が求められるのですが、当科では関連するさまざまな科と協力しながら、それぞれの患者さんに応じた最前の治療ができるように努めております。