コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > AYA世代のがんについて

AYA世代のがんについて

AYA世代について

AYA(アヤと読みます)世代とは、Adolescent&Young Adult(思春期・若年成人)のことをいい、15歳から39歳の患者さんがあてはまります。小児に好発するがんと成人に好発するがんがともに発症する可能性がある年代であり、肉腫など、AYA世代に多い特徴的ながんも存在します。従って、この年代のがんの診療には、小児および成人専門の医師、看護師をはじめ、多職種が連携して診療を行うことがとても重要です。また患者さんも中学生から社会人、子育て世代とライフステージが大きく変化する年代であり、患者さん一人ひとりのニーズに合わせた支援が必要となってきます。

AYA世代のがんの図

中央病院の取り組みについて

AYA世代のがん患者さんに向けて、中央病院ではさまざまな取組みを行っています。

image11
AYA世代支援チーム

お問い合わせ先

その他、気になることやお問い合わせは、相談支援センターへご相談ください。

がん相談専用電話バナー