コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 中央病院について > 病院概要

病院概要

国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院

病院名 国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院
病院長 島田 和明
所在地 郵便番号:104-0045
東京都中央区築地5-1-1
電話番号:03-3542-2511(代表)
開院 1962
医師 246名
レジデント
(専攻医含む)
184名
看護師 757名
病床数 578床
通院治療センター 69床(1日約170名の化学療法実施)
手術件数 年間約5,500件
手術室数 17室
外来患者数 1日約 1,500
入院患者数 1日約 500 
がん検診者数 年間約2,300人
敷地面積
延床面積
敷地面積:17,870.32 平方メートル
延床面積:78,206.03 平方メートル
認定施設等
  • 特定機能病院
  • 臨床研究中核病院
  • がんゲノム医療中核拠点病院
  • がん診療連携拠点病院
  • 東京都小児がん診療病院
  • 病院機能評価 3rdG:Ver.2.0
2022年4月1日時点

特定機能病院について

特定機能病院は、高度の医療の提供、高度の医療技術の開発及び高度の医療に関する研修を実施する能力等を備えた病院として、医療法上位置づけられています。一般医療機関としての設備に加えて集中治療室、無菌病室、医薬品情報管理室を備え、病床数400以上、16以上の診療科、来院患者の紹介率が30%以上であることなどが主な承認要件となります。

当院は、1993年9月に高度先進医療を提供する「特定機能病院」として厚生労働省の承認を受けました。

臨床研究中核病院について

臨床研究中核病院承認通知書

臨床研究中核病院は、日本発の革新的医薬品・医療機器の開発などに必要となる質の高い臨床研究や治験を推進するため、国際水準の臨床研究や医師主導治験の中心的な役割を担う病院として医療法上位置づけられています。
「能力」、「施設」、「人員」の観点で高度な承認要件があり、厚生労働大臣により承認されます。
国立がん研究センター中央病院は、2015年8月に承認されました。

がんゲノム医療中核拠点病院

genomu.jpg

がんゲノム医療中核拠点病院は、ゲノム医療を必要とするがん患者さんが、全国どこにいても、がんゲノム医療を受けられる体制を構築するため、国が定めた整備指針に基づき、国が指定するものです。
当院は、「がんゲノム医療中核拠点病院等の整備について」(平成29年12月25日付け健発1225第3号厚生労働省健康局長通知)に基づき、2018年2月16日付けでがんゲノム医療中核拠点病院に指定されました。

    がん診療連携拠点病院

    gannsinn.jpg

    がん診療連携拠点病院は、専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の整備、患者・住民への相談支援や情報提供などの役割を担う病院として、国が定める指定要件に基づき、厚生労働大臣により承認されます。当院は、がん対策の中核的機関として、国が定める教育・診療等の体制を整備することにより国全体のがん医療の向上を牽引していきます。

    「がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針」(平成30年7月31日付け健発0731第1号厚生労働省健康局長通知)に基づき、2019年3月25日付けでがん診療連携拠点病院に指定されました。

     

    東京都小児がん診療病院

    syounigan.jpg

    東京都小児がん診療病院は、小児がんに係る医療連携の推進を図るため、小児がん患者に対し、速やかに適切な医療を提供し、東京都が定める指定要件に基づき、東京都知事により承認されます。

    当院は、2013年9月に「東京都小児がん診療病院」として東京都の承認を受けました。

    病院機能評価認定について

    20210901_臨床研究中核病院承認通知書

    病院機能評価認定書

    当院は、公益財団法人日本医療機能評価機構が定める病院機能評価の認定を受けています。
    今後も、当院は主体的に医療の質及び医療安全の向上を目指す取り組みを実施し、第三者による評価も定期的に受けてまいります。

    認定期間

    2018年11月17日から2023年11月16日

    認定日

    2019年8月9日

    認定病院種別

    一般病院3 3rdG:Ver.2.0

    認定番号

    第JC59-4号

    病院機能評価 審査結果報告書(PDF:1.6MB)