コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 受診・相談案内 > 外来・受診 > 治療・検査待ち期間一覧

治療・検査待ち期間一覧

当院を受診されてから治療・検査までにお待ちいただく期間の一覧です。
治療の場合は、診断・治療方針が決定してからの期間となります。
この情報はあくまで目安ですので、実際の診療はこのとおりに実施されないことがあることをご了承ください。

平成30年6月1日現在
対象疾患治療・検査内容待ち期間
(準緊急)通常
担当診療科
脳腫瘍、神経膠腫
(グリオーマ)
手術 1週から2週 脳脊髄腫瘍科
グリオーマ・神経膠腫など原発性悪性脳腫瘍についての相談:glioma●ml.res.ncc.go.jp(●を@に置き換えてください)
眼腫瘍 手術(局所麻酔) 3週 眼腫瘍科
手術 3週から4週
眼動注 4週
小線源治療 3週から4週
頭頸部腫瘍 手術(再建手術枠) 4週 頭頸部腫瘍科
手術(3-4時間枠) 1.5か月
手術(表在癌や甲状腺癌) 2か月
手術(良性腫瘍) 3か月
咽頭喉頭鏡検査 1週
乳がん、乳腺腫瘍 手術 3週から5週 乳腺外科
化学療法 2週から3週 乳腺・腫瘍内科
乳房撮影(マンモグラフィ) 3週 放射線診断科
肺がん、縦隔腫瘍 手術 3週から4週 呼吸器外科
化学療法 1週から2週 呼吸器内科
気管支鏡検査 3日から1週間 内視鏡科 呼吸器内視鏡
食道がん 手術 5週 食道外科
内視鏡切除(EMR/ESD) 4週 内視鏡科 消化管内視鏡
化学療法 1週間以内 消化管内科
内視鏡検査 即日注1から1週注2 内視鏡科 消化管内視鏡
超音波内視鏡検査(EUS) 1週注2
胃がん、胃腫瘍 手術 3週から4週 胃外科
内視鏡切除(EMR/ESD) 4週 内視鏡科 消化管内視鏡
化学療法 1週間以内 消化管内科
内視鏡検査 即日注1から1週注2 内視鏡科 消化管内視鏡
超音波内視鏡検査(EUS) 1週注2
肝がん、肝腫瘍 手術 4週 肝胆膵外科
化学療法 1週 肝胆膵内科
穿刺療法
(PEI/RFA)
1週
肝動脈塞栓術(TAE) 1週
胆嚢がん、胆管がん 手術 4週 肝胆膵外科
化学療法 1週 肝胆膵内科
膵がん、膵腫瘍 手術 4週 肝胆膵外科
化学療法 1週 肝胆膵内科
放射線化学療法 1週 肝胆膵内科
大腸がん、大腸腫瘍 手術 6週 大腸外科
内視鏡切除(EMR/ESD) 1週 内視鏡科 消化管内視鏡
化学療法 1週間以内 消化管内科
内視鏡検査 即日注1から1週注2 内視鏡科 消化管内視鏡
大腸CT検査 1週 放射線診断科
腎がん 手術 - 泌尿器・後腹膜腫瘍科
腎盂・尿管がん 手術 2.5か月
膀胱腫瘍 手術(膀胱全摘) 2.5か月
経尿道的膀胱腫瘍切除(TUR) 2か月
前立腺がん 手術 2.5か月
外来生検 2週
入院生検 2週
精巣がん 手術 2.5か月
化学療法 1週
婦人科腫瘍 手術 5週 婦人腫瘍科
化学療法 2週から3週注3 乳腺・腫瘍内科
骨軟部腫瘍 腫瘍生検 即日から2週 骨軟部腫瘍・リハビリテーション科
乳腺・腫瘍内科
手術 4週から6週
手術(皮弁・人工関節など再建併用手術) 6週
化学療法 数日から2週
未治療骨肉腫
横紋筋肉腫
ユーイング肉腫
化学療法 数日から2週
皮膚腫瘍 皮膚生検 2週から3週 皮膚腫瘍科
手術 4週から5週
化学療法 2週から3週
原発不明がん 化学療法 4週 乳腺・腫瘍内科
血液腫瘍
(白血病、
リンパ腫、
骨髄腫など)
化学療法 即日から1週 血液腫瘍科
移植 2週以内から3週 造血幹細胞移植科
未治療急性白血病 化学療法 即日から3日注4 血液腫瘍科
小児腫瘍 化学療法
(新規に治療開始)
即日から1週 小児腫瘍科
小児腫瘍外科
化学療法
(他院で治療中)
1週から2週
腫瘍生検(針生検) 即日から3日
腫瘍生検(開放) 3日から1週間
手術 1週から2週間
各疾患 放射線治療 即日から1.5週 放射線治療科
各種検査等 CT検査 即日から1週 放射線診断科
MRI検査 即日から1週
核医学検査 1週以内
PET検査 1週以内
インターベンショナルラジオロジー 即日から1週

注1:がんと診断されている術前検査

注2:検診目的や通常経過観察目的の検査

注3:化学療法の対象となる婦人科腫瘍は、現在当院だけでは対応しきれないだけの数の患者さんからの申し込みがあるため、当院で化学療法実施の困難な場合があります。(全身状態が不良な方、すでに二次化学療法まで治療を受けられている方など)その場合、セカンドオピニオンで対応させていただくことができます。診療もしくはセカンドオピニオンを希望されて当院を受診された方で、種々の事情により当院以外の他の医療機関への受診を希望される方には、受診先の医療機関を推薦させていただくことは可能です。

注4:受け持ち医からの電話を希望