コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 乳腺外科

乳腺外科

トップ画像

乳腺外科について

乳腺外科では乳がんあるいは乳がん疑いの患者さんの診断から治療(手術、薬物)までを担当いたします。 腫瘍内科、形成外科、放射線治療科、乳がん看護認定看護師などとも密に連携しており理想的な環境で乳がん治療を受けることが可能です。

当院における治療を希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

活動の歴史と成果

わが国の乳がんは生活様式の欧米化に伴い増加の傾向にあり、当院においても乳がんの患者さんは増加傾向にあります。1990年代前半では毎年270件前後の原発性乳がん患者さんに対する手術を行っていましたが、90年代後半には300件を超え、現在では年間500件以上の手術を施行しています。

また乳がんの手術術式もここ10年から20年で劇的に変貌を遂げており、定型的乳房切除術から胸筋温存乳房切除術、そして乳房温存療法と手術は縮小の方向にあります。当院では、1998年から術前化学療法を積極的に導入し、すでに500人以上の方を治療した経験を有し、従来は乳房温存療法の適応外であった患者さんに対しても、腫瘍内科専門医と連携して手術前に抗がん剤治療を施行して、およそ半数の方に対して乳房温存手術が可能となっています。また、乳房温存療法を安全に行うために、各種の画像診断法を用いて乳管内進展や微小多発病巣といった乳がんの広がりを診断して治療に応用しています。さらにセンチネルリンパ節生検1)の導入によって、早期乳がんに対する腋窩リンパ節郭清を省くことがほぼ実用段階に入っており、当院においても現在は約7割の患者さんに適応しています。

1)センチネルリンパ節とは、乳がん側から最初にリンパが流入するリンパ節であり、このためがん細胞が最初に転移するリンパ節と考えられています。このセンチネルリンパ節を検索して取り出して、特殊な方法でがん細胞の有無を調べます。ここにがん細胞が無ければ、その先のリンパ節には転移していないと考え、残りのリンパ節切除を省くことができます。

お知らせ:新しい「乳房を切らない治療法」に関する情報

ラジオ波熱焼灼療法写真
皮膚表面から乳がんの患部に電極を刺入し、ラジオ波帯の高周波電流により腫瘍組織を死滅させる

当院で実施している早期乳がんに対するラジオ波熱焼灼療法(RFA)が、(注)先進医療制度としての実施を承認され、平成25年8月より開始されました。ラジオ波熱焼灼療法とは、乳がんに針を刺し数分間通電することによりがん細胞を死滅させる治療方法です。治療成績が乳房切除に劣らないこと、乳房を切らないために整容性が優れていることを証明するための臨床試験を実施しております。対象となる患者さんに制限がございますので、ご希望の方は担当医にご質問ください。

注:先進医療制度とは 薬事法の承認等を得ていない医薬品・医療機器を使用する先進的な医療技術を、一定の要件のもとで、保険診療と併用できるようにした制度のことです。先進的な医療技術の承認申請に必要な科学的データの収集の迅速化がその目的です。先進医療に関わる部分だけが自己負担(自費)となり、通常の治療と共通する部分(診察・検査・投薬・入院料など)は保険が適用されます。

研究代表者 木下 貴之
事務局 麻賀 創太