中央病院について

がん治療・研究のリーディング・ホスピタルとして。

がん治療・研究のリーディング・ホスピタルとして日本がん医療を牽引し、全ての臓器がんにおいて 診療の質が高く、ハイボリュームな 医療提供体制を提供して行きます。

GREETING

国⽴がん研究センター中央病院は、国⽴がん研究センターの⼀員として1962年の開設以来“社会と共同して、全ての国⺠に最適な医療を提供する”という理念のもと、がん診療・研究のリーディング・ホスピタルとしての役割を果たしてきました。

詳しくはこちら
国立がん研究センター中央病院 病院長 島⽥和明

国立がん研究センター中央病院

病院長 島⽥和明