コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 泌尿器・後腹膜腫瘍科

泌尿器・後腹膜腫瘍科

トップ画像

泌尿器・後腹膜腫瘍科について

泌尿器・後腹膜腫瘍科は副腎がん、腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、尿道がん、精巣腫瘍、陰茎がんの泌尿器悪性腫瘍と後腹膜肉腫に対する外科治療、抗がん剤治療や内分泌療法を施行しております。また放射線診断科、放射線治療科とも協力して診断や小計腎癌に対する凍結治療をなど行っております。更に先端医療科とも協力して新薬・新治療の治験も実施しております。

当科の確実な手術手技には定評があり、前立腺全摘や膀胱全摘をはじめとして多数の手術症例数を有しています。また先駆的に立ち上げた後腹膜腫瘍科における手術では、これまで培ってきた手術手技とともに肝胆膵外科・大腸外科などと緊密に連携して行っており、症例数はわが国で有数の数を誇っております。このような多くの経験に裏付けられた確実な診断と診療を得意としています。また近年ではがんを確実に切除しながら、より体に与える侵襲を小さくする手術療法の開発を積極的に行っており、ロボット支援前立腺全摘はその一例です。

一方で、確実な治療法を行うことを基本としており、新しい治療法に関してそのすべてを実施しているわけではありません。その治療のメリットとデメリット、あるいはその治療が適応される病態などを検討し、我々がナショナルセンターとして取り組まなくてはならない治療法を優先して治療にあたっています

診療にあたっては病態をわかりやすく、かつ詳しく説明し、患者さんとよく相談しながら最適な治療法を選択するように心がけています。

外来日に関しては外来診療担当 曜日別一覧をご参照ください。

疾患別検査・治療待ち時間一覧

当科の受診について

 患者さんの病態を把握して適切な診察を行うため、初診あるいはセカンドオピニオンのご予約は、専用の用紙に必要事項記載いただき、紹介状とともにファクスをお願いしております。