コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 呼吸器外科

呼吸器外科

トップ画像

呼吸器外科について

国立がん研究センター中央病院、呼吸器外科では、肺がんを中心として、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、悪性胸膜中皮腫、その他の胸部悪性疾患の外科治療を、4名のスタッフ医師と4名のレジデント医師、計8名で行っています。手術数は2016年度の手術総数が676件、そのうち原発性肺がんが493件と統計データがある2002年度以降一貫して全国最多となっています。