コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内視鏡科 消化管内視鏡

内視鏡科 消化管内視鏡

トップ画像

はじめに

当科は上部消化管スタッフ5名、下部消化管スタッフ4名、検診センター兼任スタッフ4名とがん専門修練医、レジデント、任意研修医が消化管内視鏡に特化し日々検査、治療を行っています。食道、胃、十二指腸、大腸疾患に関してそれぞれ内視鏡科内でカンファレンス(検討、話し合いの会)を行った上で外科を交えたカンファレンスを行っています。また治療後の結果を病理科ともカンファレンスを行っています。学会、研究会にも積極的に参画し、国内のみならず海外でも講演、ライブデモンストレーションを行っています。

当科の特徴

消化管の早期癌に対する内視鏡検査・治療に関してはここをクリックしてください。

特徴

  • 医療機器開発:研究棟にオリンパスラボを併設。最先端内視鏡診断~治療機器の開発を加速することを目標にし、他医療機器メーカーやベンチャー企業とも協力して最先端の医療機器開発に注力しています。
  • 患者さん中心のチーム医療:消化管がんを有する患者さんの立場を重視した全人的医療および患者さん中心の総合的なチーム診療をモットーとして、科学的根拠に基づく診療を目標としています。十分な説明(インフォームド・コンセント)によって、患者さんご自身がご自分の病気をよく理解されたうえで治療を開始することを念頭にしています。特に他施設で内視鏡困難な病変に対しても積極的に対応します。
  • 人材育成と教育:海外から最先端の内視鏡診断・治療の見学に年間100人以上の医師が見学に訪れています。国内からもレジデント・研修を随時受け入れており、日常診療における医療技術指導のほか、内視鏡に関わる臨床・研究の教育カンファレンスにより知識と技術の向上に努めています。
  • 研究と情報発信:多施設共同臨床試験グループであるJCOGの基幹施設として、臨床試験を施行しています。ほかにも企業との共同研究を含む多数の臨床研究を施行し、学会ならびに論文発表、国内外での講演を行っている。世界トップレベルの診断、治療を行っており、スタッフは世界中に飛び回り講演、ライブデモンストレーションを行い内視鏡技術向上に務めています。その功績を認められ世界内視鏡機構(World Endoscopy Organization: WEO)より世界で17施設、日本では2施設目の優秀施設(Centers of Excellence)にも選出されております。