コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内視鏡科 消化管内視鏡 > 研究について

研究について

イメージ

当院はがん治療の最先端を研究実施すべき任務を負っており、もちろん当科でもがん患者さんに新たな治療法を提供するために臨床試験を中心とした多くの研究を積極的に行っています。是非患者さんにも今後のがん治療への発展にご協力頂ければ幸いに存じます。

現在下記のような研究を主導協力し実施しております。またその成果を積極的に国内外の学会で発表し、多くの論文も投稿しています。


  • 消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データーベース構築
  • 先進医療として施行された大腸ESDの有効性安全性と長期予後に関する多施設共同研究(前向きコホート研究)
  • 血漿中アミノ酸濃度に基づく大腸がんスクリーニング技術の早期大腸腫瘍に対する探索的研究
  • 早期食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の狭窄予防を目的とするステロイド内服療法およびステロイド局注療法ランダム化比較第3相試験
  • 消化管がんのがん特異的蛍光プローブの有用性に関する研究
  • バイオマーカーを用いた大腸がんおよび前がん病変の診断ツール検証のためのフィールド構築
  • 新世代内視鏡システム(330°広視野角内視鏡)を用いた大腸病変検出能に関するランダム化比較試験
  • ヘリコバクターピロリ陽性かつ早期胃癌ESD治癒切除後患者における、ピロリ菌除菌による異時性胃癌抑制効果を証明するランダム化比較試験
  • 家族性大腸腺腫症に対する大腸癌予防のための内視鏡介入試験の追加研究
  • 大腸平坦型腫瘍性病変の発見に関する自家蛍光内視鏡の有用性を検討する多施設共同無作為化比較試験
  • 大腸腫瘍性病変に対するBipolar hot snare polypectomyとMonopolar hot snare polypectomyの処置時間に関する前向き観察試験
  • 消化管がん患者の予後と血清マイクロRNA発現の相関をレトロスペクティブに解析する研究
  • 国立がん研究センターにおけるがん検診モダリティーの有効性評価に関する研究
  • FUSE(full-spectrum endoscopy)上部消化管内視鏡を用いた十二指腸乳頭観察の視認性を検討した単施設前向き観察研究
  • プローブ型共焦点レーザー顕微内視鏡施行時のフルオレセインの至適用量決定のためのdose finding study
  • 造血幹細胞移植後の小腸の観察に用いるカプセル内視鏡の有用性についての検討
  • 大腸T1癌の脈管侵襲と内視鏡所見の関連に関する検討
  • 血漿中アミノ酸濃度に基づく大腸がんスクリーニング技術の早期大腸腫瘍に対する探索的研究
  • 人工知能を用いた統合的ながん医療システムの開発
  • 内視鏡検査と内視鏡治療を施行した患者の診療記録と検査画像所見から構築したデータベースを用いた包括的後ろ向き研究
  • 食道がん内視鏡治療後のヨード不染帯程度別の異時性他臓器がんの発生状況を調査する多施設共同前向きコホート研究
  • 大腸有茎性病変のポリープ摘除後出血に寄与する内視鏡所見についての多施設共同後ろ向き観察研究
  • 内視鏡診断支援ソフトウェアによる大腸病変の診断能に関する性能評価試験 -多施設validation study-
  • 消化管がんの臨床検体を用いたリン酸化タンパク質遺伝子免疫プロファイリングの有効性の検討
  • 粘膜筋板もしくは粘膜下層浅層に浸潤した食道癌に対する内視鏡切除後のアウトカム研究
  • 臨床病期IA食道癌の深達度診断における超音波内視鏡の有用性に関する非ランダム化検証的試験
  • 抗凝固薬服用例におけるCold snare polypectomyの有効性を検討する非盲検化ランダム化比較試験
  • Web登録システムを用いた早期胃がん内視鏡切除症例の前向きコホート研究 (J-WEB/EGC)
  • 表在性食道癌患者を対象とした内視鏡的粘膜下層剥離術後のCLS2702S/CLS2702Dによる食道狭窄抑制効果並びに安全性について検討する多施設共同第3相オーフ゜ン試験
  • Japan Polyp Study登録患者における,全腫瘍性ポリープ摘除がもたらす大腸がん罹患率抑制効果解明のための多施設共同前向きコホート研究
  • 大腸腫瘍患者へのアスピリン(100mg/day)による発がん予防大規模臨床試験
  • 大腸神経内分泌腫瘍症例に対する多施設共同前向き症例登録追跡研究(大腸NET STUDY)
  • 大腸T1癌の予後に関する多施設共同前向きコホート研究
  • 最新の高感度変異解析技術を用いた「胃カメラしながら膵がん検診」の開発
  • 上部消化管内視鏡的バルーン拡張術における偶発症および抗血栓薬の取り扱いに関する多施設後ろ向き研究
  • SM1食道癌の定義と病態に関する検討
  • 頭頸部表在癌全国登録調査
  • 低用量アスピリン服用中の胃腫瘍症例に対する内視鏡的粘膜下層剥離術における消化管出血リスクについての多施設共同無作為比較試験
  • 早期胃癌の存在診断における第二世代狭帯域光観察と白色光観察のランダム化比較試験
  • 粘膜下層浸潤臨床病期1期(T1N0M0)食道癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)と化学放射線併用治療の有効性に関する非ランダム化検証的試験
  • 未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の適応拡大に関する非ランダム化検証的試験
  • 食道表在癌に対する従来法ESDおよび糸付きクリップによる牽引ESDの無作為化比較第III相試験

2016年度以降の獲得研究費

  • 消化管がんに対する特異的蛍光内視鏡の開発とその臨床応用に向けた研究(AMED 斎藤豊班)(研究管理番号:16ck0106028h0003)
  • 自己培養上皮細胞シート製品およびコンビネーション製品を用いた食道再生治療の治験実施に関する研究(AMED 斎藤豊班) (課題番号:16bk0104046h0002)
  • 内視鏡治療の成績、予後、バイオバンク等の情報を統合する総合的研究基盤の整備(国立がん研究センター研究開発費(28-緊-1)斎藤豊班)
  • 既に実用化されている診断法や新たに開発された早期発見手法の検診導入を目指した有効性評価に関する研究(国立がん研究センター研究開発費(27-A-5)松田尚久班)
  • 発がんハイリスクグループにおける腸内細菌叢のメタゲノムならびにポストメタゲノムデータベース構築と発がん機構実証的検証に向けた研究(国立がん研究センター研究開発費(28-A-4)中島健班、坂本琢班)
  • 第一度近親者における大腸癌家族歴と大腸癌腫瘍リスクに関する前向き研究(平成29-31年度 科研費若手B 研究代表:関口正宇)
  • 革新的な内視鏡診断治療法の創出に資する開発研究および大規模コホート研究のための基盤整備 (国立がん研究センター研究開発費 (29-A-13) 斎藤豊班)

2016年度以降の受託研究費

  • EMR/ESDを施行する下部消化管粘膜内腫瘍患者に対するKP2013-009の一般臨床試験 カイゲンファーマ 受託研究費(斎藤-課題-T4392) 責任医師:斎藤 豊
  • TDM-621比較試験 スリーディーマトリックス 受託研究費 (斎藤-個人-T10) 責任医師:斎藤 豊
  • 表在性食道癌患者を対象とした内視鏡的粘膜下層剥離術後のCLS2702S/CLS2702Dによる食道狭窄抑制効果並びに安全性について検討する多施設共同第3相オーフ゜ン試験 セルシード 受託研究費 (小田-課題-T4317) 責任医師:小田 一郎
  • 注射用レザフィリンR100mg、PDレーザ及びEC-PDTプローブ Meiji Seika ファルマ株式会社 受託研究費(小田-課題-T4355) 責任医師:小田一郎
  • ESDを施行する上部消化管粘膜内腫瘍患者に対するKP2013-009の非劣性試験 カイゲンファーマ株式会社 受託研究費(小田-課題-T4391) 責任医師:小田一郎