コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 歯科

歯科

トップ画像

歯科について

がん治療中には、治療の影響によってさまざまな口腔内の症状や、口腔内の細菌が原因の合併症が起こることが知られています。
このような口腔の副作用は痛みで患者さんを苦しめ、食べられない、しゃべれないなど生活の質に関わる問題に直結します。このような口腔の副作用は対応を怠ると、低栄養や脱水など全身状態に影響を及ぼし、また全身感染症の引き金になるなど、時にがん治療継続の大きな妨げとなることがあります。

我々はがん専門病院の歯科として、さまざまながんの治療中に生じる口腔内の諸問題に対し歯科的なサポートを行うことで、口腔の症状の緩和や副作用の予防や軽減を目指しています。特にがん治療の内容によっては、治療の開始前から歯科が介入して、がん治療に伴う口腔合併症を予防、回避するための取り組みを積極的に行っています。

歯科受診内容 内訳