コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 皮膚腫瘍科

皮膚腫瘍科

トップ画像

皮膚腫瘍科について

皮膚腫瘍科ではすべての皮膚がんを対象に診療をしています。

現在医師はスタッフ4人、がん専門修練医1人、レジデント2人という体制で診療にあたっており、入院患者さんに対しては全員で回診を行い、外来診療はスタッフが交代で行っています。

皮膚は表面に近いところから表皮、真皮、皮下組織という3つの部分に大きく分かれます。この中には、皮膚そのものだけでなく、血管、神経、毛包(毛穴)、脂腺、汗腺、立毛筋などが含まれています。これらを構成するどこかの細胞が悪性化したものの総称を皮膚がんといいます。このため、一言で皮膚がんといってもその種類、性質は多岐にわたりますが、私たちは他のどの施設にもない多くの知識と経験を持っています。