コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 皮膚腫瘍科 > 研究について

研究について

皮膚がんの治療成績向上のため、私たちはさまざまな問題に積極的に取り組んでいます。現在、当科のスタッフが研究代表者または分担研究者となっている研究を示します。

AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構) 

1) 爪部悪性黒色腫への指趾骨温存切除による新たな低侵襲標準治療の開発

2) 頭頸部発生初発基底細胞癌縮小マージン切除に関する単群検証的試験

3) KIT遺伝子変異のある進行期悪性黒色腫に対するKIT阻害薬、抗PD-1抗体併用療法の第1 / 2相臨床試験

国立がん研究センター開発費

1) 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究:皮膚悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究

2) 希少がんの治療成績向上のための診療実態の把握と基盤整備に関する研究:皮膚がん臨床研究ネットワークの推進に関する研究

厚生労働科学研究費

1) がん医療における皮膚障害対策:アピアランスケアを取り入れた皮膚障害における標準支持療法の開発と実装

2) 悪性黒色腫におけるALDH2遺伝子多型の発症と予後に関する影響の解明

公益財団法人小林がん学術振興会

進行期悪性黒色腫に対する免疫チェックポイント阻害薬投与前後の血中循環腫瘍DNAに基づいた早期効果判定方法の探索

共同研究費(小野薬品工業)                                               

1)消化管癌を含む固形癌患者における免疫状態の解明と臨床的異議に関する研究

医師主導臨床治験

1) 進行性悪性黒色腫患者を対象としたGEN0101の皮内投与と、ペムブロリズマブ(抗PD-1抗体)の静脈内投与の併用療法の安全性及び有効性評価のための多施設共同医師主導治験(第Ib/II相)(大阪大学)

2) 上皮系皮膚悪性腫瘍に対する抗PD-1抗体療法の医師主導による多施設共同第II相臨床試験(慶應義塾大学)

3) 皮膚血管肉腫に対するONO-4538の第II相多施設共同非盲検非対照試験(筑波大学)