コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 皮膚腫瘍科 > 研究について

研究について

皮膚がんの治療成績向上のため、私たちはさまざまな問題に積極的に取り組んでいます。

現在、当科のスタッフが主任研究者または分担研究者となっている研究を示します。

  1. がん研究開発費「成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究」JCOG1309:病理病期II期およびIII期皮膚悪性黒色腫に対するインターフェロンβ局所投与による術後補助療法のランダム化比較第III I相試験
  2. がん研究開発費「病院設置型加速器ホウ素中性子補足療法(BNCT)システムの開発」
  3. がん研究開発費「希少がんの早期臨床開発およびその研究支援体制確立に関する研究」
  4. がん研究開発費「がん患者の外見支援に関するガイドラインの構築に向けた研究」
  5. 厚生労働科学研究費「がん治療に伴う皮膚変化の評価方法と標準的ケアの確立に関する研究」
  6. 厚生労働科学研究費「癌特異的アポトーシスを誘導する革新的分子標的薬による難治性皮膚癌に対する治療薬の医師主導治験による実用化開発」
  7. 文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム「癌特異的アポトーシスを誘導する革新的分子標的薬による難治性皮膚癌に対する治療薬の医師主導治験による実用化開発」
  8. 経済産業省「実用型表在性皮膚腫瘍非侵襲診断装置(ハイパースペクトラルイメージャー)の臨床評価
  9. 医師主導臨床試験「進行悪性黒色腫に対するニボルマブの有効性評価に関する観察研究」
  10. 厚生労働科学研究費「腫瘍(自己)抗原に対する免疫不応答の解除に基づいた新規がん免疫療法の基盤研究」
  11. AMED「メラノーマ局所の微小免疫環境の本態解明に基づく革新的がん免疫療法の開発」