コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 婦人腫瘍科

婦人腫瘍科

  • davinci
  • davinci2

婦人腫瘍科について

婦人腫瘍科は1962年の当院開設より日本の代表的な治療施設として、多数の子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの方々の治療に当たってきました。希少がんである、卵管がん、腹膜がん、外陰がん、子宮肉腫についても日本有数の治療経験があります。当科では主に手術治療を担当しております。

婦人科腫瘍においても診療科をまたいで連携し診断、治療を行うことが重要です。乳腺・腫瘍内科放射線治療科放射線診断科病理診断科と定期的に会議を行い各患者様の治療方針を決定しております。婦人科臓器以外の切除手術においては、外科系診療科と密に連携し進行・再発がんの手術を安全に行っております。

診療内容については「診療について」をご覧ください。

がんを学ぼう 教えて!ドクター

2003HIBI_021.JPG

当センターHPの「がんを学ぼう 教えて!ドクター」のページで「「婦人科がんの手術」と「HBOCのリスク低減手術」後遺症の少ない手術で忙しい女性たちの活躍を応援」と題し、
科長加藤医師が子宮頸がんや、子宮体がん、遺伝性乳がんなどを解説しています。
是非ご覧ください。以下のバナーで「がんを学ぼう教えて!ドクター」のページに飛びます。

logo_manabou_doctor.jpg