コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 婦人腫瘍科 > 研修プログラムについて

研修プログラムについて

国立がん研究センター中央病院で
婦人科悪性腫瘍の手術スペシャリストを目指そう!

婦人腫瘍科は女性性器悪性腫瘍の手術治療を担当しています。主には、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣/卵管/腹膜がんですが、希少がんである外陰がん、膣がん、子宮肉腫の症例も他施設に比較して多く担当しています。病理医、放射線診断医、腫瘍内科医、放射線治療医とカンファレンスを通じて連携し、集学的治療に取り組んでいます。

婦人腫瘍科集合写真
2020年4月現在のメンバー 
科長 加藤友康、医長 石川光也、医員 他3名、レジデント 2年目1名、1年目2名

診療科としての人材育成のポイント

  1. 解剖学的な知識に基づいて、安全で根治性の高い手術が行えるようになる
  2. EBM に基づいた治療方針が決定できるようになる
  3. Clinical Question に対して研究にとりくむことができるようになる

大学や基幹病院で活躍できるGynecologic Oncologistの育成が私達の責務です。

研修内容

婦人腫瘍科研修内容例;産婦人科専門医(取得見込み)→レジデント3年コース(1年目CCM研修、2年目に大腸外科・緩和医療科・放射線診療科等の研修含む)→がん専門修練医コース→婦人科腫瘍専門医
(画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます)

上の図は一例です。研修内容は相談に応じます。全研修コースの載ったPDFはこちらです。

手術実績

2020年3月の婦人腫瘍科ロボット支援下手術導入の様子

2020年3月よりロボット支援下手術(右写真)を導入しました。
以下2020年度の婦人腫瘍科診療実績です。

子宮頸がん                        22件
子宮体がん                        60件
卵巣がん 卵管がん 腹膜がん 65件
広汎子宮急全摘出                    22件
腹腔下鏡手術                          32件
ロボット支援下手術      14件   

 

婦人腫瘍科研修の予定(週により変わります)

週間婦人腫瘍科研修予定(週により変わります)月~金曜毎日手術4~8時間+曜日によりカンファレンス・抄読会等

外来業務の義務はなく、手術室がホームグラウンドです。手術担当以外の時間で、病棟診療、研究を行います。週に一回、連携他科との合同カンファレンス、月に一回、病理カンファレンスがあります。

研究成果

研修中、国内外の学会で発表を行う機会が多数あります。
ここにお示ししたのは、レジデント、チーフレジデントの先生が筆頭著者で 2019年以降発表の英語論文の一部です。

  1. Yoneoka Y, Kato MK, Tanase Y, Uno M, Ishikawa M, Murakami T, Kato T. The baseline recurrence risk of patients with intermediate-risk cervical cancer. Obstet Gynecol Sci. 2021 Mar;64(2):226-233.
  2. Kuno I, Tate K, Yoshida H, Takahashi K, Kato T. Endometrial Endometrioid Carcinoma With Ovarian Metastasis Showing Morula-like Features in a Patient With Cowden Syndrome: A Case Report. Int J Gynecol Pathol. 2020 Jan;39(1):36-42.
  3. Yoneoka Y, Ishikawa M, Uehara T, Shimizu H, Uno M, Murakami T, Kato T Treatment strategies for patients with advanced ovarian cancer undergoing neoadjuvant chemotherapy: interval debulking surgery or additional chemotherapy? J Gynecol Oncol. 2019 Sep;30(5):e81.
  4. Yoneoka Y, Yoshida H, Ishikawa M, Shimizu H, Uehara T, Murakami T, Kato T.Prognostic factors of synchronous endometrial and ovarian endometrioid carcinoma. J Gynecol Oncol. 2019 Jan;30(1):e7.
  5. Takahashi K, Yunokawa M, Sasada S, Takehara Y, Miyasaka N, Kato T, Tamura K. A novel prediction score for predicting the baseline risk of recurrence of stage I-II endometrial carcinoma.J Gynecol Oncol. 2019 Jan;30(1):e8.
  6. Tsukada T, Yoshida H, Ishikawa M, Asami Y, Shiraishi K, Kato T. Malignant struma ovarii presenting with follicular carcinoma: A case report with molecular analysis. Gynecol Oncol Rep. 2019 Sep 9;30: 100498.
  7. Tate K, Yoshida H, Ishikawa M, Shimizu H, Uehara T, Kato T. Endometrial Carcinoma With an Unusual Morphology in a Patient With Cornelia de Lange Syndrome: A Case Study. Int J Gynecol Pathol. 2019 Jul;38(4): 340-345.

 

研修に関するお問合せ先

 

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。