コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 婦人腫瘍科 > 診療について

診療について

初めて診療をご希望される方へ

  • 当診療科は婦人科がん治療が専門ですので、がん以外の婦人科疾患(子宮筋腫、子宮頸部異形成、良性卵巣腫瘍、子宮内膜症、老人性膣炎、子宮脱、不妊症など)の治療は行っていません。これらに関しては、他施設の産婦人科へご相談ください。
  • 子宮がん検診などのがん検診も行っておりません。ご希望の方は、同じ国立がん研究センター中央病院の検診センターで行っておりますので、こちらにお問い合わせください。
  • 人間ドック・検診などでがんの精密検査をするようにいわれた方へ。当院での検査は混雑のため、検査日まで相当期間を要することがあります。このため、まず最寄りの医療機関での検査をお願いします。がんと診断された場合、もしくはがんが強く疑われた場合には、当院の予約制度に従って初診の予約をお取り願います。

婦人腫瘍科 診療実績(代表的疾患別症例数)

 20142015201620172018
子宮頚がん I期 A 4 10 13 4 4
I期 B 30 29 21 16 15
II期 A 5 3 4 5 1
II期 B 6 9 4 7 9
III期 A 0 1 1 0 0
III期 B 7 7 8 6 1
IV期 A 1 1 1 0 2
IV期 B 4 2 5 3 2
57 62 57 36 34
子宮体がん I期 46 38 52 44 46
II期 5 5 2 8 4
III期 12 14 12 14 13
IV期 2 6 9 3 7
65 63 75 69 70
卵巣がん
(境界悪性腫瘍除く)
I期 25 16 25 12 22
II期 5 1 2 5 4
III期 13 11 7 13 12
IV期 4 1 1 5 2
(術前化学療法施行例) 17 17 21 19 26
64 46 56 54 66

注:診療実績について、2016年以前は1月から12月までの1年間、2017年以降は4月から翌年3月までの1年間で集計しています。

婦人腫瘍科 治療成績(代表的疾患別)

 進行期症例数5年生存率
子宮頚がん 1 I期 425 87%
II期 139 74%
III期 120 58%
IV期 46 36%
子宮体がん 1 I期 372 91%
II期 62 86%
III期 143 69%
IV期 28 26%
卵巣がん 2 I期 80 86%
II期 20 81%
III期 131 32%
IV期 73 16%

1:1993-2002年
2:1990-1999年