コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 眼腫瘍科

眼腫瘍科

トップ画像

眼腫瘍科について

眼腫瘍科が扱うのは眼球に加え、結膜・眼瞼(がんけん)・眼窩(がんか)と幅広く、それぞれに異なった腫瘍が生じます。もともと眼に発生する腫瘍自体が珍しいのですが、個々の腫瘍はさらに頻度が低く、治療法も多岐にわたるため、眼腫瘍を扱う施設は限られています。また、眼腫瘍の治療目的は生命の安全を図るのが第一ですが、それとともに眼内腫瘍では有効な視力の温存、また眼窩や眼瞼腫瘍では容姿や機能の回復・維持を図ることも目的になります。