コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内視鏡科 消化管内視鏡 > 内視鏡技術普及の世界的な取り組み

内視鏡技術普及の世界的な取り組み

中央病院の内視鏡科は、2017年に世界内視鏡学会(World Endoscopic Organization)より内視鏡専門機関の指導施設として選ばれました。スタッフは世界中でデモンストレーションを行い内視鏡技術向上に務めています。

ブローヒン国立がん医療研究センター(ロシア)

ロシアのブローヒン国立がん医療研究センターとの間で”早期胃腸がん診断と治療のWebinar”を開催しました。中央病院内視鏡科からは斎藤豊科長、ロシア側は内視鏡科長のマリホバ(Malikhova)先生が、お互いに手術映像をライブで流し、お互いの講義の後、意見交換をしました。ロシア中心に、ヨーロッパなど170を超える病院・施設から視聴がありました。(2020年9月8日)

  • モスクワへLive配信中の手術室(左から)水口先生、斎藤先生

    モスクワへLive配信中 手術室(左から)水口先生、斎藤先生

  • ロシア語Webinarお知らせ

    ロシア語Webinarお知らせ

詳細は以下よりご覧ください。
(トップページ > お知らせ > 2020年度 > 内視鏡科オンラインで海外に向けて発信)
https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/topics/2020/20200917141957.html

セントマークス病院(イギリス)

内視鏡で有名なイギリスのセントマークス病院の教育研究部門(St. Marks Academic Insti- tute)で若手医師や内視鏡看護師向けに開かれたEndoscopy Education Webinarで斎藤科長が特別ゲスト、坂本琢医員がパネリストとして参加しました。(2020年9月12日)