コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > 診療科のご案内 > 内視鏡科 消化管内視鏡 > 参考動画集

参考動画集

こちらのサイトでは国立がん研究センター中央病院内視鏡科が発信する動画情報を掲載いたします。画像をクリックすると外部サイトに繋がります。

セミナー

内視鏡学会セミナー

大腸腫瘍(前がん病変)

大腸腫瘍(前がん病変)に対する
内視鏡診断と治療法

本講演は2020年09月30日-10月28日にWEB配信された北里大学医学部消化器内科学 木田光広教授(会長)が開催された第44回学会セミナーで広島大学病院 内視鏡診療科 田中信治教授の司会のもと国立がん研究センター中央病院 内視鏡科の斎藤 豊が大腸腫瘍性疾患に対する内視鏡診断と治療というタイトルで約20分間行われたものであります。

対象は日本消化器内視鏡学会の内視鏡医が専門医の取得や更新のために受講するもので、医師向けではありますが、実際の内視鏡診断法や治療法を動画を用いて平易に解説しているため、これから大腸内視鏡検査や治療を受ける予定の患者さんが視聴されてもわかりやすい内容ですし、予め知識を得ておくことは有用かと考えます。

大腸がんは区や市町村の対策型検診(便潜血)を基本40歳を過ぎたら毎年受けることで予防できることが科学的に証明されている数少ない癌の代表です。

我が国では、大腸がんの罹患率は年々上昇しつづけており、死亡率も下げ止まりとなっています。これは、主に検診受診率の低さと、便潜血陽性となっても精密検査の大腸内視鏡検査を受ける割合いが低いことに起因しています。