コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 中央病院

トップページ > AYA世代のがん > AYAひろば

AYAひろば

「AYAひろば」は、AYA世代のがん患者さん同士が集まって交流や情報交換する場です。AYA世代の患者さんにとっては、入院中や通院中に同世代の方とコミュニケーションをとる機会が限られていて、患者さんたちから同世代で交流できる場所が欲しいという声を受けて開設されました。

その日に参加した患者さんたちが話したい内容を自由に話していただく場としています。

AYAサポートチームからもスタッフがファシリテーターとして参加し、初対面の患者さん同士でもコミュニケーションが取りやすいよう会話のきっかけづくりをしています。

また、当日に直接来院が難しい方もご参加いただけるように、オンラインでもご参加いただけます。

AYAひろば 開催概要

  • 開催場所:8階患者サポートセンター
  • 開催方法:現地参加 あるいは オンライン(Zoom)で参加(どちらも事前の申し込みが必要です)
  • 開催日時:毎月第2木曜日 15時~16時
    注) 詳細については病院HPあるいは院内に掲示されているポスター、案内をご覧ください。
  • 対象: 当院に入院中あるいは外来通院中の15歳から39歳の患者さん(現地参加は先着10名まで)
  • 参加方法:開催前日の正午までにお申し込みください
  • 申込みアクセス先: AYAひろば申し込みフォーム
  • お問い合わせ: aya-hiroba●ml.res.ncc.go.jp

「参加者の声」

  • 話を聞いてくれる安心できる場所として利用できた(29歳 男性)
  • 共感できる。おもしろいことがいっぱい(27歳 女性)
  • 笑った!!(28歳 女性)
  • 自分以外の人のケースや話を初めて聞けて良かった。もっと早くから参加していれば良かった(32歳 男性)
  • 看護師や医師くらいしか話さないから、いろんな人と話せる点が役立った(19歳 女性)
  • 他の病棟の雰囲気が分かった(18歳 女性)
  • みんなの気持ちの上げ方を聞いて、自分もやってみようと思った(18歳 女性)
  • 自分とは違う考え方を聞けてよかった(38歳 男性)
  • 皆さんのおすすめ、ためしてみたいです(28歳 女性)
  • いろいろな方の話が聞けたり、楽しい時間が過ごせたと思います。また機会があれば参加したいです(37歳 女性)
  • オンラインは、どこに居ても参加できるのがメリットです(オンラインAYAひろば、25歳 男性)
  • とても有意義でした。ありがとうございました(オンラインAYAひろば、37歳 男性)

 

iamge10.png

AYAひろばのご案内

  • image06.png

    AYAひろばの様子(左奥2名はスタッフ)

  • image07.png

    AYAひろばのスタッフ



     

スタッフより

平山 貴敏
  • 精神腫瘍科・医師 平山 貴敏

私が『AYAひろば』で嬉しいと感じるのは、若い患者さん同士の繋がりがひろがっていくのを実感できることです。リピーターの方が初めて参加する方に気配りして自ら率先して話をしてくれたり、偶然同じご病気だと分かった患者さん同士で誘い合って患者会に一緒に参加されることもあります。今後も『AYAひろば』を患者さん同士が安心してコミュニケーションをとれる交流の場として運営し、少しでも多くの患者さんの輪がひろがっていくことを願っています。

 

小嶋 リベカ
  • 緩和医療科・ホスピタルプレイスタッフ 小嶋 リベカ

『AYAひろば』が始まったきっかけは、ある患者さんから「私と同じ年齢くらいの患者さんとおしゃべりできるような場はありませんか」という問いかけからでした。『AYAひろば』は、自分がしゃべりたい分だけを選択してしゃべれる場です。ニックネームでの参加もOKです。スタッフとして、この場の安心感、安全な環境を守ることに努めたいと思っています。