コンテンツにジャンプ
国立がん研究センター 東病院

トップページ > 診療科のご案内 > 外科系 > 肝胆膵外科 > 東病院肝胆膵外科
セカンドオピニオン外来について

東病院肝胆膵外科
セカンドオピニオン外来について

現在受診されている医療機関の診断結果のみでなく、東病院の医師の客観的な意見や助言を参考にして治療方針を決定されたい方へお勧めです。患者さんご本人の来院が難しい場合は、ご家族など代理の方が受けることも可能です。

東病院にセカンドオピニオンにかかるかどうか悩まれている方は、下記事例を参考にして頂ければ幸いです。

よくあるご質問

Q:〇〇がんで手術を薦められましたが他の選択肢はないでしょうか

A:治療選択肢のご相談も外科では可能です。私たち外科医も手術だけをいつもお勧めするわけではなく、それぞれの患者さんの状況(病気の進行具合や年齢、他の病気をお持ちかどうかなど)を考えながら、いくつかの治療選択肢をお示しすることができる場合もあります。
ご遠慮なくセカンドオピニオンを受診してください。

Q:検査をしたら「がんの可能性が否定できない」と言われました。がんと確定する前に東病院にかかることはできますか

A:可能です。私たちの診療領域は肝臓、胆道(胆管、胆のう)、膵(すい)臓のがんになりますが、こうしたがんの可能性が否定できないと言われた方は、がんの診断が確定していなくても私たちのセカンドオピニオンを受診していただけます。

Q:どこの病院で手術(治療)するか迷っています

A:私たち肝胆膵外科領域の手術は消化器の手術の中でも難しい手術が多いのが特徴です。難易度の高い手術については手術件数が多い病院(ハイボリュームセンター)がお勧めできる病院のひとつの目安になります。また、専門医を取得している医師の数なども確認してみるとよいでしょう。東病院肝胆膵外科の「スタッフ」一覧に主な専門医・認定資格を公表しています。
肝胆膵外科学会のHPも参考になります。

受診をご希望の方へ

東病院肝胆膵外科への外来受診についてはこちらをご確認ください。