トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 分子診断・個別化医療開発グループ > エピゲノム解析分野 > 研究室メンバー > 服部 奈緒子

服部 奈緒子

:服部奈緒子の画像
氏名服部 奈緒子(はっとり なおこ)
所属・職務エピゲノム解析分野 研究員
内線番号3465
ファクス番号03-5565-1753
Eメール
専門エピゲノム、分子生物学、幹細胞学

エピジェネティクスに着目し、どうしてがんが出来るのか、どうすれば予防出来るのか、どうすれば治るのかを研究しています。発がんに関しては、組織幹細胞の有する可塑的なエピゲノムと環境要因の関係からアプローチしています。がん治療に関しては、エピジェネティクス異常を標的とするために、新規DNA脱メチル化剤の開発、エピゲノム編集の応用、効果予測マーカーの同定等を行っています。常に「世の中の役にたつ研究」ということを忘れず、かつ、広く生命の本質を明らかにするような基礎研究を目指しています。

主要論文

  1. Hattori N, Sako M, Kimura K, Iida N, Takeshima H, Nakata Y, Kono Y and Ushijima T. Novel prodrugs of decitabine with greater metabolic stability and less toxicity. Clin Epigenetics, 11: 111, 2019. PMID: 31370878
  2. Zong L*, Hattori N*, Yasukawa Y, Kimura K, Mori A, Seto Y and Ushijima T. LINC00162 Confers Sensitivity to 5-Aza-2'-deoxycytidine via Modulation of an RNA Splicing Protein, HNRNPH1. Oncogene , 38: 5281-5293, 2019. *Equally contributed  PMID: 30914798
  3. Hattori N, Niwa T, Kimura K, Helin K and Ushijima T. Visualization of multivalent histone modification in a single cell reveals highly concerted epigenetic changes on differentiation of embryonic stem cells. Nucleic Acids Res, 41: 7231-7239, 2013. PMID: 23761442