トップページ > 研究所について > OUR RESEARCH FOCUS

OUR RESEARCH FOCUS

2023年度 研究概要

2023年度版の研究概要を、日本語バージョン・英語バージョンでご用意しました。
世界トップレベルのがん研究がここに集います。
日本語(PDF:8.9MB)  English(PDF:8.8MB)

OUR RESEARCH FOCUS

国立がん研究センター研究所ではどのような研究を行っていて、その研究がどのように役立っているのかを、研究者自ら発信するコラムです。

肺がんの中でも最も頻度が高く、増加傾向にあるのが肺腺がんです。
肺腺がんの発生は、喫煙との関連がそれほど強くなく、約半数を非喫煙者が占めます。
そのため、罹患危険群の把握や発症予防は容易ではありません。
ゲノム生物学研究分野白石ユニット長は、日本人を含むアジア人の肺腺がん患者約2万例のゲノム解析を用いて、肺腺がんの新たな遺伝子変異の探索を行っています。
最近発表した2本のプレスリリースから、肺腺がんの最新情報を解説してもらいます。
NEW!
shiraishik.png

日本における罹患者数と死亡数がともに3位である胃がん。
がんゲノミクス研究分野の柴田分野長は、国際的に実施した大規模なゲノム解析から胃がんの発生や予防につながる発見をしました。
胃がんはどんな体質の方に発症しやすいのでしょうか?
お酒をよく飲む方必見の内容です。
NEW!
shibata.png

kohsaka.png

kobayashi.png

shiraishi1.png

1s.png

b1.png