コンテンツにジャンプ
研究所ロゴ

トップページ > 研究組織一覧 > 分野・独立ユニットグループ > 新領域創成プロジェクトグループ > 希少がん研究分野 > 研究室紹介 > 築地発見伝

築地発見伝

小野君お誕生日おめでとう!!(4月30日)

小野君が26歳の誕生日を迎えました。 新たな1年が、充実した幸多きものとなりますように!
ono_birthday.png

近藤先生から美味しい日本酒が贈られました。(2021.5.1 申)

野口先生、お帰りなさい!(4月14日)

野口先生が産休から復帰されました。育児に、研究に、これからもパワフルな活躍を期待しています。
20210419.jpg

復帰の記念写真 (2021.04.20 近藤)

メンバーが増えました!(4月8日)

新年度になり、希少がん研究分野では新たなメンバーを迎えました。博士1年生の黒木さん(左)、任意研修生として薬学部5年生の片上さん(右)です。先輩(小野くん、博士2年、中央)の指導のもと、頑張ってください!
kuroki_katagami2.jpg

3名とも、春らしい笑顔が素敵ですね。(2021.04.10 申)

誕生日でした! (4月2日)

私と吉松さんの誕生日をお祝いしていただきました。
20210402
(2021.04.05近藤)

誕生日おめでとうございます! (3月29日)

20210329

清さん、お誕生日おめでとうございます。

近藤先生より春らしさのあるピンクの花束とハイヒールのチョコレートが贈られました。 (2021.04.02 桑田)

ご出産、お誕生日、おめでとうございます(3月15日)

dr.noguchibaby

産休中の野口先生、1月にご子息を出産され、先日はご自身もお誕生日を迎えられました。
このたび、お子さんの写真を送っていただきました。なんとかわいい!おめでとうございます。(2021.03.19 近藤)

1st AOHUPO Online Educational Seriesを聴講しました(3月13日)

AOHUPO
3週間にわたる1st AOHUPO Online Educational Series 最終日でした。とても勉強になりました!(2021.03.15 申)

誕生日おめでとうございます! (3月8日)

築地発見伝_桑田さん誕生日

桑田さん、誕生日おめでとういます。 (2021.03.10近藤)

整形外科専門医合格しました!(2月19日)

令和3122日、第33回整形外科専門医試験を受験しました。新型コロナウイルス感染症のために延期になる専門医試験がある中、日本整形外科学会は早くからコロナ対策としてCBT形式での専門医試験を準備していたため、予定通り受験をすることができました。初めてのCBT形式での専門医試験とのことで、試験中は色々と予想しないことが生じましたが、私個人としては早くから友人とSkypeを使用してのオンライン勉強会を行っていたこともあり、219日にめでたく合格の通知を頂きました。今後は専門医として肉腫研究に今まで以上に尽力していきたいと思います。
日本整形外科学会専門医試験合格者発表のリンクはこちら
2021.2.20 土屋)

 二次元バーコードチューブ導入しました!(1月28日)

希少がん研究分野では、希少がん・肉腫の初代細胞株を世界トップクラスの規模で樹立しています。成果は論文で報告し、世界中の研究者の方々に細胞株を提供しております。正確で素早い対応を目指し、細胞株管理は二次元バーコードチューブで行うようになりました。

2dbarcode

二次元バーコードチューブ (2021.2.1 土屋)

革新的ながん治療・予防TR研究懇談会 (1月20日)

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科がweb開催した「革新的ながん治療・予防TR研究懇談会」で、近藤研で行っている研究内容について紹介しました。近藤「希少がん研究分野の研究活動」、吉松ほか「肉腫の患者由来がんモデル至適培地の工夫と希少がん研究の展望」、野口「希少がんの治療開発のための薬剤標的探索:OncoProGx: プロテオゲノミクスのための 研究プラットフォームの開発と網羅的キナーゼ活性解析」。長崎大学の先生方から沢山の質問を受け、交流をはかることができました。長崎大学の先生方との共同研究の話もあり、今後一緒に研究を行うことが楽しみです。

(2021.01.20野口)

武蔵野大学 薬学部 講義(1月15日)

武蔵野大学薬学部生命分析化学専攻の学生さんたちに近藤先生と一緒に講義をさせていただきました。講義の機会を与えていただき大変感謝しております。講義後の学生さんのレポートを読ませていただき、次回はさらに良い講義になりますよう頑張らなくてはと思いました。

musashino

学生さんからのたくさんの講義感想文。熱意あふれるコメントに励まされました。
(2021.1.16 吉松)

2020年

2019年

2018年